『長濱ねるのセブンルーツ』7月放送、大親友の登場に「私もドキドキ」

クランクイン!

 女優・タレントの長濱ねるに密着したドキュメンタリー特別番組『長濱ねるのセブンルーツ』が、カンテレにて7月5日24時25分より放送されることが決まった。フジテレビでも7月に放送予定。

本番組は、長濱がレギュラー出演している『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)のスピンオフ企画として生まれたドキュメンタリー番組。

長濱は、2015年に欅坂46のメンバーとしてデビューし、中心メンバーとして活躍を見せるも2019年に卒業。2020年7月より『セブンルール』のキャストとして新たなスタートを切った。現在は持ち前の柔らかいキャラクターや趣味の読書・音楽鑑賞を生かして、テレビ・ラジオ番組のレギュラーを数多く持つほか、書籍情報誌「ダ・ヴィンチ」でのエッセー執筆など幅広く活躍している。さらに今年から女優業にも挑戦し、2022年度後期の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK)への出演も控えている23歳。

昨年10月より約8ヵ月にわたって密着をしてきた本ドキュメンタリーでは、長濱の原点と言える、3歳から7歳までの幼少期を過ごしたふるさと・長崎県五島列島で“7つの手がかり”をたどり、思い出の絶景ポイントや図書館、商店街などを巡るほか、第二の母と慕う人物とも再会する。かつて辛かった時期に一人でこの地を訪れるほど、彼女にとって特別な場所・五島列島には何があったのか。また、高校生時代からの大親友“おーしゃん”とのランチでは、過去のエピソードに思わず涙することも…。さまざまな人や思い出の場所を訪れ、彼女のルーツを紐解いていきながら、今の等身大の長濱ねるを映し出す。

長濱は「今回、『セブンルーツ』という番組に出演させていただくことになりました。『セブンルーツ』は、『セブンルール』とはまた一味違って、ルールではなく、“自分のルーツ”を掘り下げていく番組です。『セブンルール』では、スタッフさんが密着していく中で、本人も気づかないルールが浮き彫りになって、視聴者も一緒に楽しむというのがあると思うのですが、この番組でも、私の普段の生活や、育った場所に行く中で、『自分はこういう性格だったな』とか、『こういう思いを持って、それが今の仕事につながっているんだな』などと、改めて発見することができました」とコメント。

「私にとっても、このタイミングでこの番組に携われたのは、とても意味のあることだったなと思っています。番組では、自分のルーツである五島列島が主な舞台になっていて、五島の人々や食べ物など、たくさんの文化が出てきます。他にも東京での今の生活や、友達との普段の様子もあります。大親友も今回はじめてテレビに出てくれて、私もドキドキしています。私のエッセイで、以前からその親友のことを書いているので、エッセイを読んでくださっている方はきっと、そこがつながって、ピンと来てくれるんじゃないかなと、私もとても楽しみにしています」と語っている。

『長濱ねるのセブンルーツ』は、カンテレ(関西ローカル)にて7月5日24時25分放送。フジテレビ(関東ローカル)でも7月放送予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ