GReeeeNの書下ろし新曲「味方」が田中圭の出演する映画『ハウ』主題歌に決定 

SPICE


8月19日(金)公開の映画『ハウ』の主題歌がGReeeeN書き下ろしの新曲「味方」に決定した。あわせて、予告編も解禁されている。

『ハウ』は、『余命1ヶ月の花嫁』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで知られる脚本家・斉藤ひろし氏による同名小説を映画化したもの。『ゼロの焦点』『のぼうの城』などの犬童一心監督がメガホンをとり、斉藤氏みずからが脚本を手がけた映画だ。本作では、婚約者にフラれた主人公・民夫が保護犬・ハウと出会い、絆を深めていく姿を描く。田中圭が気弱な主人公・民夫を演じるほか、俳優犬・ベックがハウ役で共演。『南極物語』などで知られる宮忠臣氏がドッグトレーナーを務めている。

主題歌を書き下ろしたGReeeeNは、彼らのビハインドストーリーが基となった映画『キセキ ―あの日のソビト―』のプロデューサー・小池賢太郎氏と、脚本の斉藤ひろし氏と本作『ハウ』で再タッグを組むことに。GReeeeNのコメントは以下のとおり。

GReeeeN

GReeeeN
GReeeeN

寄り添ってくれる存在の大切さ。

嬉しい時、悲しい時、人生のあらゆる場面で、『あのさぁ』『ねぇ聞いて』って隣で話ができる、

そしてそれを『そりゃないね!』って笑いあえる、そんな存在。

映画「ハウ」では、

主人公のハウと民夫がそのような関係で強い絆で繋がっている、と主題歌のお話をいただいた際に感じました。

この曲が誰かの「味方」になるきっかけになれたら嬉しいです!!!!

そしてGReeeeNも、いつもそんな存在でありたいと思っています。

また、解禁された予告は、婚約者にフラれ落ち込む民夫(田中圭)と、飼い主に放棄され保護犬となってしまったワンと鳴けない犬・ハウとの運命の出会いからスタート。散歩したりじゃれあったり、ハウと民夫は最高に幸せな時間を過ごす心癒される映像が垣間見える。しかし、「ずっと、一緒だと思ってた」との言葉と共に、突然の“別れ”が展開。ショックを隠し切れない民夫の姿に、海辺や森の中を疾走するハウの姿が重なる。大好きな民夫の声を頼りにひたすら走り続けるハウと、GReeeeNの楽曲にも注目だ。

さらに、同僚・桃子(池田エライザ)をはじめ、民夫にハウを引き合わせる鍋島夫妻(野間口徹・渡辺真紀子)、ハウが出会う中学生の麻衣(長澤樹)、ハウに顔を寄せ抱きしめる女性・めぐみ(モトーラ世理奈)、傘屋を営む老女・志津(宮本信子)とその夫(石橋蓮司)など、ハウとの出会いによって癒される人々の様子も切り取られている。
毛玉犬 (C)M.Yotsutani
毛玉犬 (C)M.Yotsutani

そのほか、イラストレーター・ヨツタニモトコ氏が描く“毛玉犬”が本作の宣伝“犬”使に決定。ローソンでは、7月1日(金)より毛玉犬と一緒に描かれたハウと民夫のお散歩トートとセットでムビチケコンビニ券が発売されるとのこと。詳細は、映画公式サイトを確認しよう。
(C)M.Yotsutani
(C)M.Yotsutani
(C)M.Yotsutani
(C)M.Yotsutani

『ハウ』は8月19日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ