濱口優、頼れる存在は「奥さん」 「栄養の管理もしてくれる」と感謝

エンタメOVO


 「明治メイバランスMiniカップ ミルクテイストシリーズ7品『総合栄養食品』表示許可取得記念イベント」が16日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉と濱口優、元プロレスラーでタレントの佐々木健介が出席した。

イベントは、栄養食「明治メイバランスMiniカップミルクテイストシリーズ」7品が、特別用途食品分類の一つ「総合栄養食品」の表示許可を取得したことを記念して開催された。

会場で、同商品のバナナ味を試飲した佐々木は「最初は飲みにくいのかなと思ったけど、飲みやすくておいしい」と驚きの表情を浮かべた。

ストロベリー味を試した濱口は「口当たりがめちゃくちゃ滑らか。これ、無人島に持っていってもいいんじゃないかな」と、出演するバラエティー番組のサバイバル生活を引き合いに出して笑わせた。

1本で、ご飯およそ1杯分のエネルギーが取れる商品にちなみ、日頃の栄養管理についてもトークを展開。

佐々木は「たまに妻(タレントの北斗晶)の体調が悪いとき『何か作ろうか』と聞いても食べられないときがある。そういうときに、この商品があったら助かりますね」とコメント。

常温で約1年保存可能と知った有野も「防災バッグの中に入れるといいかも」と活用法を提案した。

さらに商品にちなみ、「自身の頼れる存在」について尋ねられた有野は「移動中のマッサージボール。常にお尻に敷かないと腰が痛くなっちゃうので」と答えたが、「頼れる存在はやっぱり、相方ですよね!」と前言を撤回した。

対する濱口は「(魚を突く)モリ」と答えたが、すかさず「僕は奥さん(タレントの南明奈)かな」と言い直し、「奥さんがいないと忘れ物だらけになっちゃうし、栄養の管理とかもしてくれる。1日1食のことが多かったけど『ちゃんと食べて行きなさいよ』みたいなことを言ってくれるので」と、妻のサポートに感謝を述べた。

有野は「なかなか『相方です』とは言ってもらえないですね」と苦笑した。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。