よゐこ濱口“頼れる存在”は妻・南明奈とモリ 有野「『相方』と言ってもらえない」と嘆く

お笑いコンビ・よゐこの濱口優と有野晋哉、そして元プロレスラーでタレントの佐々木健介が16日、都内で開催されたイベントに登場した。そこで“頼れる存在”が話題になると、同じコンビでありながら濱口と有野の間で違いが生じ、有野が肩を落とした。

3人が登壇したのは『明治メイバランスMiniカップ ミルクテイストシリーズ 7品「総合栄養食品」表示許可取得記念イベント』。明治が販売する市販向け栄養食「明治メイバランス」7品が「総合栄養食品」の表示許可を取得したことを記念して開催された。

1本125mlで200kcalが摂れる同商品は、食事として摂取すべき栄養素がバランス良く配合されているため、食事がとれない際などの栄養補給に役立つという。イベントで試飲するとコーヒー味を飲んだ有野晋哉は「喉に栄養が入ってくる感じ」、バナナ味を飲んだ佐々木健介は「いろいろな栄養素が入っているということで飲みにくいかと思ったんですけど飲みやすい。美味しいですね」とコメントした。

ストロベリー味を飲んだ濱口優は「口当たりがめちゃくちゃ滑らかです。するすると入ってくる」と述べてから「これ無人島に持って行くといいんじゃないですか?」と言い出した。よゐこはかつてテレビ番組の企画で無人島で0円生活を送っていた経験がある。ほとんどの食材を自力で調達しないとならないため、「許可が出たらでしょうけど。番組が許可するとは分からないから」と濱口が番組の過酷さをうかがわせた。続けて有野が「(これがあったら)魚獲りに行かなくなります」と言うと、素潜りで魚をモリで獲ったときに発する「とったどー!」の言葉で知られる濱口も「アハハハハ」と笑っていた。

総合栄養食品はいざというときにも頼れる存在であることから“頼れる存在”に話が及ぶと、有野は「マッサージボール。どうしても腰が痛くなるので」と言ってから「頼れる存在はやっぱり相方ですよね」と隣の濱口を見た。「ありがとうございます」とお礼を述べた濱口は「僕は…モリですかね」と無人島生活で役立った道具“モリ”だと明かした。ところがすぐに「やっぱり奥さんですかね。奥さんがいないと忘れ物だらけになってしまいますし、栄養の管理も(してくれるので)」と妻でタレントの南明奈だと口にした。濱口は独身の頃は一日3食摂っていなかったが、今は南が「ちゃんと食べて行きなさいよ」と声をかけてくれるそうだ。これに有野は「なかなか(濱口から)『相方です』と言ってもらえないですね。妻とモリ以下です」と濱口の回答に残念がっていた。

また「頼られるお父さん」の3か条を求められた佐々木健介は「元気でいなくちゃいけない」「家族への思いを大切にしないといけない」と述べてから、「うーん、あとはあれかな。黙って妻の言うことを聞く」と妻で元プロレスラーでタレントの北斗晶に触れた。これによゐこの2人は「ほぼ一択だ」と笑いながら、「その通り」とこちらは意見を一致させて納得していた。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ