大奮闘!ドラマ『インビジブル』第9話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

高橋一生主演ドラマ『インビジブル』(TBS系列)の第9話が6月10日に放送された。

捜査一課内にインビジブルと繋がる内通者がいる…。

内通者について極秘で調べていた捜査一課長・犬飼(原田泰造)が死亡し、当面の間、捜査の指揮は猿渡(桐谷健太)が執ることに。

キリヒト(永山絢斗)は『興行師』を使った新たな犯行を画策し、志村(高橋一生)と東子(大野いと)に命の危機が迫る。救うのは志村の命か、東子の命か、選択を迫られたキリコ(柴咲コウ)は、2人を助けるためにキリヒトの元に戻ることを決めて…?

第9話のあらすじ&見どころをご紹介!

第9話のあらすじ

「私がキリヒトのところに戻る」「キリヒトと一緒にいると約束する」

キリコは志村と東子の命を救うため、キリヒトの元に戻ってしまった…。志村は「キリコは諦めて戻ったわけではない」と信じて、キリヒトからキリコを取り戻すことを決意し、猿渡に協力を求める。

そんな時、キリヒトから捜査一課に、2日後に『ブラックフライデー』を行うと連絡が入る。キリヒトは、提携した海外の強力なクリミナルズが次々と凶悪犯罪を巻き起こすと告げ、『ブラックフライデー』を中止してほしければ、現在収監中のクリミナルズの免責と釈放を要求。

志村たちに与えられたリミットは金曜の22時。猿渡は捜査の指揮を刑事部長に任せ、犯行を阻止するために志村とキリヒトを探しはじめるのだが…。

見どころ

「リーパーに気をつけて!」

「リーパーは警察情報を漏らす内通者」「リーパーは今も警視庁にいる」

安野(平埜生成)と犬飼を殺害した人物が警察内の内通者・リーパーだったことが判明!その人物とは一体誰なのか?ついに…第9話で内通者の正体が明らかになる。

志村&キリコが大奮闘!

キリヒトの元に戻ったキリコだったが、諦めていたわけではなかった。キリコが集めた情報から次々と真相が明らかになっていく…!一方、志村は『ブラックフライデー』を阻止するため、猿渡とともにキリヒトの行方を追う!

志村は内通者の正体を見破ることができるのか?『ブラックフライデー』は阻止できるのか?最終回の放送が待ちきれない!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ