『極主夫道 ザ・シネマ』×Creepy Nuts書き下ろし主題歌、SPコラボMV期間限定公開

クランクイン!

 俳優の玉木宏が主演する映画『極主夫道 ザ・シネマ』とCreepy Nutsによる書き下ろし主題歌「2way nice guy」のスペシャルコラボMVが公開された。

本作は、おおのこうすけによる累計550万部の同名漫画を原作に、2020年放送されたドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の劇場版。

数々の伝説を残した最凶の極道“不死身の龍(玉木)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、こわもてにグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身に着け、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を懸け、時にはご近所のトラブルに奮闘。玉木が全身全霊、爆笑アクションを連発で演じる“史上最強の主夫”が映画になって帰ってくる。

コラボMVは龍の鍛え上げられたバキバキの体、そして、そんな龍が割り箸をくわえタマネギを切るなど家事にいそしむ姿から始まる。

歌詞は「馬鹿と鋏は使いよう」のように“使い道さえハマれば最高だが厄介で危険なナイスガイ”というニュアンスを込め、主人公である龍と、その“道”を見つける前のR‐指定自身を重ねて書かれたもの。

アクションシーンに続き、“皆が恐れる”“憎めないスマイル”“白い歯が光る”など歌詞に合わせて映し出されるキャラクターたちが見どころ。キャストが全力でふざけ倒す姿が、疾走感あふれる楽曲にのって次々と展開される。真面目で一本気だが、なぜか誤解や勘違いに巻き込まれトラブルになる龍は、“一度こうと決めたら引けない ブレないスタンス”ながら、“爆弾みてぇなトラブルメーカー”だ。

だが、“主夫”という道を見つけ、“適材で適所ならfeelin’ good”“まさかって所にハマる”2way nice guy、そのものだ。

龍の姿を重ねた歌詞、アッパーなトラックに、エネルギッシュなボーカルが自在に躍るヒートアップソングとシンクロする映像となっている。

映画『極主夫道 ザ・シネマ』は、全国公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ