豊田裕大&大倉空人「とても気持ちのいい人」「最初のイメージは怖い(笑)」映画初共演の印象を明かす 映画『レッドブリッジ』『レッドブリッジ ビギニング』同時公開!

無軌道な少年院上がりの不良少年たちの“等身大”を描いた青春活劇映画『レッドブリッジ』、そして不良少年4人の少年院での出会いと『レッドブリッジ』へと続く因縁を描いた前日談の映画『レッドブリッジ ビギニング』が同時公開中! この2つの作品で映画初主演を飾った豊田裕大さん、共演の大倉空人さんにインタビュー! お互いの印象から作品のこと、最近の趣味、そして将来の夢についてもうかがいました!

●今回初共演だったそうですが、最初の印象はいかがですか?

大倉:そうなんです。オーディションの時に裕大のほうから「よろしくね!」と話しかけてきてくれて。最初のイメージは怖いというか(笑)、年上の存在感が強かったんですよね。どう接していいかわからなかったので、フランクに話しかけてくれてとても助かりました!

豊田:彼はハキハキしていて、元気にあいさつするんです(笑)。僕よりもキャリアが長いので、所作なども「なるほど」と思いながら見ていました。話しかけてみたら、まったく気取りもなく話しやすくて。とても気持ちのいい人だなと思いました。

●作品はアクションあり、ロードムービーでもあり、しかも2作品という盛りだくさんの撮影でしたよね。現場はいかがでしたか?

大倉:実は自分の海斗という役柄と裕大の大輝という役柄は、違いを出すことが難しかったんですよ。どちらもけんかが強いし、クールでもある。なので、海斗はちょっと笑顔でやってみようと最初のシーンを撮った時に「いいね!」となり、不安はありながらも裕大とも話し合う時間もあったので、今思うと楽しかったですし充実していましたね。

豊田:10日間の撮影は密なスケジュールでしたが、だからこそ一緒に頑張ろうというモチベーションにつながったと思います。一緒にいる時間も長かったので、楽しかったです。あと、彼も他の2人も、本当に優しいんです。4人で作品について話し合う時間がたくさん作れたことは、本当によかったと思います。

●4人で過ごした思い出のエピソードはありますか?

大倉:ずっと歌っていました(笑)。『レッドブリッジ』の撮影の時、なぜかみんなでずっと歌っていて、僕ももともと歌を歌うので、それがとても楽しかったですね。あとは裸になるシーンがあったのですが、その撮影終わりは寒かったけれど、めちゃくちゃ楽しかったですね。

豊田:それぞれが好きな歌を歌い始めるんです。僕はサザンオールスターズさんを歌いました。誰かが急に歌い出して、まわりがそれに乗っかるという遊びをしていました(笑)。

●「めるも」は趣味を頑張る女子を応援するメディアなのですが、おふたりが最近ハマッていることとは?

大倉:僕は筋トレですね。撮影が12月くらいだったのですが、その時はガリガリだったので、家族もマネージャーも心配しちゃったんですよね。でもお正月頃にお餅で太ったので、それ以来毎日、この4か月筋トレをしています。あとは走ったり。飽きるまでやろうかなという感じです。

豊田:僕は最近引っ越しをしたのですが、家具をまったく揃えていなかったんです。冷蔵庫・洗濯機・ベッドなどなど、家に間接照明もないんです。それを一つずつ揃えることにハマッています(笑)。

大倉:どういう部屋にしたいとかあるの?

豊田:生活の機能性が高くありつつ花も飾りたい…

大倉:言葉が硬(笑)!

豊田:家の近くに桜が咲いていたので、春になるとよく見ていて、やっぱり花はいいなと思っているところです。

●最後になりますが、おふたりの夢、今後やりたいことは何ですか?

豊田:最近よく言っているのですが、服に関係する仕事です。兄とも話しているのですが、いつかふたりでアパレルをやってみたいなと思っています。

大倉:素敵!

豊田:もともとひとりでもやろうと思っていたのですが、今は自分が着たい服を着ているだけなので、街で見かけた服でいいものはメモをしています。いつか商品化して、仕事として実現したいですね。

大倉:グループとしては東京ドームに立つと決めているのですが、個人としては今年中に連ドラ2本と映画1本に出ると決めています。映画はありがたいことに今回2本出たので、もう1本ですかね(笑)。12月までに頑張らないといけないです。将来的には誰もが分かる俳優さんになりたいです!

(執筆・撮影/takashi.tokita_tokyo)https://www.instagram.com/takashi.tokita_tokyo/

(C) 2022BBB

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。