付き合いたてのスマートな彼。部屋に急に行ったら、意外な姿で何かを隠した…

女子SPA!

梅雨が終わったらいよいよ暑くなり、夏本番ですね。夏といえばやっぱり素麺(そうめん)!皆さん、お気に入りの食べ方はありますか?今回は、女性3人の素麺にまつわるエピソードをご紹介しましょう。

◆付き合いたてのスマートな彼

「SNSを通じて知り合ったYさん(30歳・メーカー勤務)と付き合って2ヶ月目なんですが、Yさんてとてもおしゃれでかっこよくて、まだちょっと緊張しちゃうんですよ」 そう話すのは原口佑実さん(仮名・28歳・会社員)。

はやくそんな緊張は解きほぐして、心の距離を縮めたいと思った佑美さんは、予告なしにいきなりYさんの部屋に行ってみることにしました。

「合鍵はもらっていたのですが、まだ勝手に部屋に入ったことがなかったので。彼女っぽくご飯の支度をしながらYさんの帰りを待っていようかなと思ったんです」

◆いつもとは違う彼の姿

ドキドキしながら佑美さんが鍵を開けて部屋に入ってみると、スウェット姿で、何やら麺をすすっているYさんと目が合いました。

「Yさんすっごくビックリして『うあ~!』って変な声で叫んでいました。その日はたまたまテレワークで家に居たんですよ」

そして佑美さんは、いつもバチっとおしゃれにキメているYさんの無防備な姿にキュンとしてしまったそう。

「Yさんもこんな寝起きみたいな格好でずっといたり、ビックリした時は変な声を出すんだなと、ついニヤニヤしてしまいました」

◆何を隠したの?

そして、そんな姿を見られてしまったYさんは恥ずかしがりながらも、急にハッとして食べかけのどんぶりを自分の後ろに隠しました。

「急だったのに、私が来たことを喜んでくれて『でもこんな格好でごめんね』と彼は照れていました。…何か隠されたら、そんなの気になるに決まっているじゃないですか」

無理やりYさんの後ろに回り、佑美さんはどんぶりを奪い取りました。

「中身は、素麺にキムチが乗っかっていてマヨネーズがかかったものでした。なんでコレを隠すのか意味が分からなかったのでYさんに理由を聞きました」

◆素麺がキッカケで縮まる距離

すると、このキムチマヨ素麺はYさんの好物なのですが、前の彼女に「何その気持ち悪い食べ方!私の前で二度としないで!!」と怒鳴られたことでかなり傷ついてしまい、それ以来ひとりの時にしかこの食べ方をしないようにしようと、固く心に決めていたと悲しそうに話してくれたそう。

「不憫に思った私が『全然気持ち悪くなんかないよ!美味しそうだから私も食べてみたいな』と言ったときのYの嬉しそうな顔といったら…。ホント最高で写真に撮っておきたかったですね」

それからYさんがよくキムチマヨ素麺を作ってくれるようになり、佑美さんは毎回美味しくペロリと平らげているそう。

「この日をきっかけに、本当にお互いの距離が縮まってリラックスして接することができるようになりました。キムチマヨ素麺は、ツナを加えてもとても美味しいですよ!」

お次はちょっと変わった素麺レシピを発見したお話です。

◆素麺に不可欠なアレがない!

佐倉純子さん(仮名・32歳・派遣社員)の場合。

「私は素麺が大好きで、夏になると週3ペースで食べているんですよ。ちょっと前まで同棲していた元カレは嫌がっていましたね」

そんなある日、いつものように素麺をゆで始めると…。

「なんと麺つゆが切れていたんです!あぁ痛恨のミスだと自分にムカつきました。でも茹でたての素麺を放ってわざわざ麺つゆを買いに行く気にはなれないし、何かないかな?と食料ストッカーを漁ってみたんです」

すると「いなばのチキンとタイカレー・グリーン」の缶詰を発見しました。

◆グリーンカレー素麺のお味は…?

「とりあえず2缶開けてスープボウルに移して温め、つけ麺風に冷水で締めた素麺をひたして食べてみたら、美味しくてビックリしてしまって」

苦し紛れにやってみた“グリーンカレー素麺”が思いのほか美味で、夢中になって啜っていると、純子さんはハッとあることを思い出しました。

「『そうだ、素麺用に刻んでおいた万能ネギがあるんだった』と冷蔵庫に取りに行き、ちょっとどうかな?と思いましたが、思い切ってグリーンカレーに投入してみたんです」

すると、グリーンカレーのトロピカルな辛みにネギの風味とシャキシャキ感が良く合い、ワンランク上の味になったそう。

「それ以来やみつきになって、定期的にグリーンカレー素麺を食べています。もちろん万能ネギじゃなくても大丈夫で、白ネギやパクチーでも美味しかったですよ」

「ふと別れた元カレにも食べさせてあげたかったなと思いましたが…そういえば、私のせいで素麺嫌いになっちゃったのを思い出しました」と苦笑いする純子さんなのでした。

続いてはおばあちゃんとの思い出の素麺エピソードです。

◆思い出の素麺

田辺絢香さん(仮名・35歳・主婦)の場合。

「子供の頃によくおばあちゃんが、前日に残った素麺をお味噌汁に入れて、軽く煮込んだものを朝食に出してくれたんですよね」

その味が忘れられない絢香さんは、今でもたまに、わざわざ味噌汁用に素麺を茹でてまで作ることがあるそう。

「具は何でも合いますが、私はナスと油揚げのお味噌汁+素麺が大のお気に入りなんです。あ、なめことネギのお味噌汁にも抜群に合うのでオススメです」

◆受け継がれる味噌汁素麺

ちなみに絢香さんの娘(K菜ちゃん・4歳)も、味噌汁素麺を喜んで食べています。

「特に梅雨時の少し肌寒い朝に、少し七味唐辛子を振って味噌汁素麺を食べていると、その味と温かさで、亡くなったおばあちゃんに可愛がってもらった思い出がよみがえってくるんですよね」

K菜ちゃんが、そんな“おばあちゃんの味”である味噌汁素麺を好んで食べてくれることが、絢香さんはとても嬉しいそうです。

<文・イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】

漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter:@skippop

当記事は女子SPA!の提供記事です。