フジモン再び『ヘキサゴン』への不満爆発「大変やった」「全然ウケへん」

まいじつ

藤本敏史 
藤本敏史 (C)まいじつ 

お笑いコンビの『FUJIWARA』が、6月11日に公式YouTubeチャンネルを更新。かつてレギュラー出演していた『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)への本音を語り、ネット上で「やっぱりな」と話題になっている。

男女お笑いコンビ『ラランド』とのコラボ動画となった今回、トーク中で「ヘキサゴン」の話題になると、藤本敏史は「あの番組は大変やってんで!」と告白。「すごく『おバカ』が注目されてね」と語り始め、ここから不満をぶっちゃけていく。

「『品川庄司』とか『アンガールズ』とか波田陽区とか村上ショージさんとかが出てるやんか。芸人やから、ボケたくなるやんか」と続けると、「でも、何言っても全然ウケへんねん。天然のボケを待ってるから、俺らはちゃんと答えなアカンねん」と爆発する藤本。上地雄輔、つるの剛士、木下優樹菜、里田まいなど、番組をきっかけに注目された「おバカタレント」が芸人殺しだったと振り返っていった。

これに「ラランド」が「(番組で)ふざけてるイメージが全くなかった」と納得。すると、相方の原西孝幸は「どういう気持ちで見ててん!」とツッコミを入れるのだった。

どんだけ『ヘキサゴン』嫌いやねん…


かつては番組内で楽しげに振る舞っていたが、腹の底では大きな不満を抱えていたことを明かした藤本。これにネット上には

《つまらんかった。はよ終わってくれってずっと思ってたわ。終わった時はホントに嬉しかったな》
《何が面白いのかわからない番組だった。学生の内輪ネタにしか見えず、退屈だった。笑わせると笑われるは全く違う》
《この頃からテレビ番組がつまらんと感じ始めた》
《最近この人の元妻が「答えわかってたけどわざと間違えたこともあった」とか吹いてたが だからといって彼女が常識的な知性もっているかは別の話だな》
《この番組のおバカブームのせいで中2中3をバカキャラ演じて中間期末のテスト数学0点とか国語20点とかわざと取ってたんだが まじで人生狂った》

など、同情や当時の番組への批判が見られている。

「よほど『ヘキサゴン』が嫌だったのか、藤本はこれまでにも同様の発言を繰り返しています。代表的なのは2014年の『クイズ! 正解は1年後』(TBS系)。番組で周囲から『ヘキサゴン』ネタでのイジリを受けると、藤本は『ヘキサゴンファミリーちゃうよ!』『めっちゃ嫌やったもん俺…』と言ってのけました。しかし、実際の藤本は同番組発のユニットで何作もCDを出し、ライブや『27時間テレビ』にも参加、島田紳助氏の引退後には代理MCをしたこともあるほどの〝ヘキサゴンファミリー〟筆頭格。前妻・木下と結婚するきっかけにもなった番組でもあり、人生において忘れることのできない仕事のはずです。それを『めっちゃ嫌』と封印しようとするのですから、よほど渋々やっていたのでしょう」(芸能記者)

人間、生活のためには不満を抱えながらも従わなければいけないのだ…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ