【千葉・新浦安】“東京ベイ東急ホテル”の期間限定「マーメイドルーム」がステキ!子連れ宿泊レポ

ウレぴあ総研

千葉・新浦安にある「東京ベイ東急ホテル」。東京ディズニーリゾートから無料シャトルバスで25分という立地のため、ディズニー旅行の宿泊地として利用したことがある方もいるかもしれませんね。

「東京ベイ東急ホテル」では、2022年8月31日(水)までの期間限定で、マーメイドが過ごす海の世界をイメージした「マーメイドルーム」が登場しています。

まさにディズニー映画の「リトル・マーメイド」を彷彿とさせるような可愛らしい世界観のお部屋になっていて、昨年大人気だったため今年はさらにパワーアップして登場しているそう。

「東京ベイ東急ホテル」はミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」に認定されていて、赤ちゃんや子ども連れに優しいホテルでもあります。

今回は、親子での宿泊レポートをお届けします。

■新浦安「東京ベイ東急ホテル」に泊まってみた

ホテル全体が、まるで海の中にいる世界を体感できるようなデザインになっている東京ベイ東急ホテル。

薄青い海底のような雰囲気の1階から2階にあがると、天井が高く開放感のあるロビーフロアに。カラフルな魚たちがお出迎えしてくれているような明るい世界が広がります。

さらに客室もフロアごとに「凪」「風」など趣向を凝らして変化を感じられるようになっています。

ロビーフロアにある大型のディスプレイでは、ラインアート化されたクラゲやウミガメなど海の仲間たちが人の動きに反応するインタラクティブな映像がお出迎えしてくれます。

手で触れると弾けたり動いたりする海の生き物に、子どもたちは釘付けになりますよ。

■人魚姫の世界観に浸れる「マーメイドルーム」が期間限定で登場!

「マーメイドルーム」は、通常は「海遊感」をテーマにした「サブマリン」という海の中にいるような雰囲気のコンセプトルーム。そこに海やマーメイドをイメージするようなインテリアを配置し、神秘的でありながら可愛らしい世界観に仕上げています。

入った瞬間に子どもから「わあ!」と歓声があがる、ワクワクするようなお部屋になっているんです。

人魚姫が好きな女の子に限らず、男の子も大人もテンションがあがってしまうはず。

実際、我が家は特別プリンセスが好きなわけではない男の子が2人でしたがとても喜んでいましたし、大人である筆者も、女友達と来てもきっと盛り上がるだろうなと感じました。

子どもがぐちゃぐちゃにする前にぜひ撮影しておきたいのがベッド。イルカのぬいぐるみや貝殻のクッション、人魚のようなブランケットで装飾されていて、撮影スポットにもぴったりです!

ベッドサイドのインテリアも世界観を表していてとても素敵です。

実はこのブランケット、中に足を入れてマーメイドになれちゃうんです! 子どもはきっと喜んで足を入れて撮影したがるはず。

ブランケットは3枚あるので、親子やきょうだいで楽しんでくださいね。

マーメイドルームに限らず、東京ベイ東急ホテルの客室は全室オーシャンビューなのがポイント。

宿泊した日はあいにくの空模様でしたが、それでも目の前に広がる海にはずっと見ていても飽きないような吸引力を感じます。

小雨の中、海沿いの道をランニングしている人の姿も見えました。晴れていたら、このあたりを散歩するだけでもリフレッシュできそうです。

■アメニティもチェック!

大人(女性)用のアメニティも、歯ブラシやくしはもちろん使い捨ての化粧水や乳液、コットンや綿棒などのセットがあって心強いのですが、子ども用のアメニティも別に用意してくれているのがうれしいところ。

子ども用歯ブラシとタオル、スリッパが人数分置いてありました。

子ども用のパジャマは120cmと90cmの2種類があります。我が家の兄弟は130cmと100cmですが、着てみるとちょうどぴったりくらいの大きさでした。

90cmだとちょっとブカブカかな、というくらいのサイズの赤ちゃんには、おうちからパジャマを持って行ったほうが安心かもしれません。

お部屋には冷蔵庫の中に2Lのミネラルウォーターが入っているほか、お湯を沸かせばお茶とコーヒーも飲めます。

ルームサービスはありませんが、1階に24時間営業のコンビニがあるので、飲み物やちょっとしたお菓子、おつまみなど「何か欲しいけど何も持ってきてないな」というときにも安心です。

■朝食は2Fレストランで豪華ブッフェを味わえる

宿泊した翌朝の朝食は、2階にあるレストラン「コーラル テーブル」にて。ライブ感あふれるオープンキッチンから運ばれるできたての料理を、ブッフェスタイルで楽しめます。

なお、ランチタイム(11:30~15:00)は現在「ベイサイドトロピカルランチブッフェ」、ディナータイム(17:30~21:00)は「ベイサイドトロピカルディナーブッフェ」を提供中です。(~2022年8月28日までの土日祝日限定、8月12日は営業)。

クロワッサンやソーセージなどの洋食メニューはもちろん、焼き魚や煮物、納豆などの和食のおかずも豊富に揃っていて、何を食べようか迷ってしまいます。

好きなものを好きなだけ食べられるのが、ブッフェスタイルのいいところですね。

【東京ベイ東急ホテル】レストラン「コーラル テーブル」の朝食ブッフェ
絶対に食べたいのが、お好みでカスタマイズできる「カラフルオムレツ」!

まずは「プレーン」「トマト」「イカスミ」の中から味を選びます。続いて、「オムレツ(プレーンもしくはベーコン・チーズ入り)」「スクランブルエッグ」「浦安オムライス(あさりと海苔入りリゾットオムライス)」の3種類から料理方法を選び、かけるソースは「オニオンデミグラスソース」「野菜とベーコンのホワイトソース」「トマトケチャップ」から選びます。

気になるのはやはり、浦安名物のあさりと海苔を貝の出汁で煮立てたリゾットが入った「浦安オムライス」です。おすすめのベースはイカスミ入りの卵なので見た目は真っ黒! おすすめのソースは野菜とベーコンのホワイトソースとのこと。

この「浦安オムライス」、2019年の楽天トラベル朝ごはんフェスティバルで千葉県1位に選ばれたほどの人気メニューなんですよ。

イカスミ入り卵で仕上げた浦安オムライスと、プレーンのオムレツにケチャップという定番スタイルを注文。ケチャップで顔を描いてもらえるのがライブ感もあってうれしいです。

浦安オムライスは海鮮の出汁が効いていて絶品! まろやかなホワイトソースと絡むとまた違ったおいしさです。子どもたちには定番スタイルのほうが人気でしたが、大人にはぜひ食べてほしい逸品でした。

■夏は屋上テラスでのバーベキュープランも!

7月17日(日)~9月11日(日)の土日祝日及び8月12日(金)には、ディナータイム(17:00~21:00)限定で3Fの屋上テラス「UMIKAZE TERRACE」を解放。潮風を感じながらバーベキューやナイトバーを楽しむことができます。

牛リブロース・牛ミスジやBBQポーク、ソーセージなどのお肉はもちろん、ボイルホタテ貝や海老などの海鮮、そして野菜と、たっぷりの食材を網焼きで。準備や片付けいらずの手ぶらバーベキューが叶うのはうれしいですよね。

期間中にホテルに宿泊する際は、こちらもぜひ予約してみてください(3日前15時までの要予約)。

■キッズスペースや広々テラスで子どもも滞在しやすい

チェックイン、チェックアウト時に子どもが真っ先に向かうのは、フロント横にあるキッズスペース。

特におもちゃが置いてあるわけではないものの、広々としていてちょっとした時間、子どもに遊んでいてもらうのにはいいスぺースです。

キッズスペースの近くにある、外につながるドアを開けると、目の前に海が見えるテラスに出られます。ブランコのような吊り下げ式の大きい椅子が置いてあるので、子どもたちは大喜び。

広くて廊下のように長いので、子どもならきっと走り出してしまいたくなるテラスです。

気持ちいい海風に吹かれて、のんびり過ごせますよ。

■種類豊富なコンセプトルームも魅力

東京ベイ東急ホテル ワンダーランド【東京ベイ東急ホテル】ワンダーランド
今回ご紹介したマーメイドルームは期間限定ですが、通年で泊まれる「コンセプトルーム」も魅力的なんです。

白とピンクを基調とした、可憐なレースの天蓋に包まれた大きなベッドが印象的な客室「プリンセス」は、絵本の中のお姫さま気分に浸れるようなファンタジックな空間が広がります。まさにプリンセス好きな子どもにぴったり!

おもちゃ箱のような空間が広がる客室「ワンダーランド」は、カラフルな穴が開いた壁をくぐったり、座ったりと、楽しく遊べてワクワク感たっぷりのお部屋。

小さい子どもが部屋を歩き回っても安心のコーナーガードを設置していたり、ベッドではなくふとんだったりと、親子連れにうれしいお部屋になっています。

ほかにも、広いリビングと二段ベッドを備えた「カルテットルーム」や、ベッドスペースとふとんスペースに分かれた三世代旅にもおすすめの「ファミリールーム」など、機能性が高くファミリーで快適に過ごせるお部屋もあり、旅の目的やスタイルにあわせて選べますよ。

■公園や子ども向け施設で周辺観光も!

ホテルのある新浦安は、再開発された美しい街並みが特徴。緑が多く道も広く整備されており、リゾート感が感じられる開放的な雰囲気が心地いい街です。

徒歩10分ほどのところにトランポリンで遊べる「トランポランド」、全38種類のお風呂が楽しめる温泉テーマパーク「大江戸温泉物語 浦安万華郷」があったり、ホテルにほど近い海沿いに「浦安市総合公園」があったりと、子連れで遊ぶにはもってこいの場所がたくさん。

もちろん、無料シャトルバスで東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、イクスピアリに行くこともできます。

この夏はぜひ、子連れ旅行にぴったりな「東京ベイ東急ホテル」で、素敵な旅の思い出を作ってくださいね。

東京ベイ東急ホテル

所在地:千葉県浦安市日の出7-2-3

電話番号:047-390-0109

料金:「マーメイドルーム」1泊朝食付き1名料金 ¥9,700~(税・サービス料込)

アクセス:

【電車】JR京葉線「新浦安駅」から無料シャトルバスで約10分、東京ディズニーリゾート®から無料シャトルバスで約25分

【車】首都高速湾岸線<浦安出口>から約15分、東関東自動車道<湾岸市川出口>から約20分

※予約受付終了の場合はご容赦願います。

※期間・価格・内容は変更となる場合があります。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ