華大&千鳥、“シャーロック・ディーン”の名推理に驚き!

TVerプラス

ディーン・フジオカと岩田剛典が、6月14日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)に出演する。

博多華丸・大吉(博多華丸、博多大吉)と千鳥(ノブ、大悟)が「全力で遊んで、全力ではしゃぐ!」をテーマにさまざまな企画に挑戦するバラエティ。

今回、ディーンと岩田が参加するのは「スパイ7分の1」。華大、大悟、かまいたち(山内健司、濱家隆一)の7人で協力し、賞金を懸けた簡単なゲームに挑戦する。ただし、7人の中にはあらかじめ“くじ引き”で決めたスパイ1人が潜んでおり、ほかのメンバーにバレないようにさりげなく邪魔をして、ゲームを失敗させようとする。各ゲームで、成功すれば賞金獲得の権利はプレイヤーたちへ。スパイがゲームを失敗させることができれば、報酬としてスパイに10万円獲得の権利が与えられる。そして、チャレンジの最後に行う投票の結果、見事スパイを見破ることができればプレイヤーたちが賞金を獲得。見破ることができなければ賞金は没収となり、スパイが報酬を手にするというゲームだ。ノブが進行を務める。

今回の参戦を楽しみにしていたというディーンは「楽しみなんですけど……スパイになったときの緊張感ですよね」と不安を口にする。いつもゲストに対して態度がキツイ山内に、濱家が「いつもの調子でディーンさんに行く(突っかかる)のやめろよ」と注意するが、山内は「俺はゲームにのっとってるから!」と真顔で答える。

最初のチャレンジは、4人1組でバルーンをうちわであおぎながらゴールを目指す「うちわバルーンリレー」。動きの少ないディーンにさっそく疑いの目が向けられると、岩田も「ちょっと怪しかったですよね」とポツリ。しかし、その岩田も濱家から「もっと動けるはずなのに(動きが)ポンコツっぽい」と怪しまれてしまう。

続く「全員一致!熱演キーワード」は演技力が試されるゲーム。挑戦者は声と表情だけで“ある言葉”を演技し、他のメンバーは4つのうちどのシチュエーションなのか当てる。すると山内は岩田の演技に「もっとできひんかな」とまさかのダメ出しが。ディーンの“目線”を使った演技には、大悟が「俳優さんって結構汚い手使うんやな」と、うなる場面も。全員の動きを観察していたディーンが「これでスパイが誰かわかった」と言うと、ノブが「シャーロック・ディーンだ!」と一言。鋭い視点で次々と指摘するディーンに山内は「めっちゃ疑ってます?」、濱家は「すごい組み立て!」、大悟は「どういう仕掛けや!」と皆がビビり始める。

最後は4人1組で行う「おみこしバランス」。ついにスパイを暴こうと、ディーンが指示を出し始める。大悟は「これでディーンさんがスパイやったらエグい」、大吉は「スパイは今焦ってる」とハラハラしながらディーンの指示に従う一同。そんな中、おみこしにまさかのハプニングが発生する。

なお前回の放送では、人気企画「6連単!ぴったり当てたら100万円」にロバートの秋山竜次と狩野英孝が参戦したほか、小学生30人が選ぶ「4コマ漫画が面白いのは誰?ランキング」やピン芸人10人が選ぶ「コンビを組んで賞レースに出るなら誰?ランキング」などが行われた。

当記事はTVerプラスの提供記事です。