渋川清彦“孝太郎”、客の山下リオ“看護師”と餃子店で乾杯『ザ・タクシー飯店』

TVerプラス

渋川清彦が主演を務める新水ドラ25『ザ・タクシー飯店』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)の第3話が、6月15日に放送。第3話には、山下リオがゲストで登場する。

本作の舞台となるのは、タクシー。渋川は、町中華を愛し、人付き合いが苦手なタクシードライバー・八巻孝太郎を演じる。そんな八巻が、かつて働いていたタクシー会社の若社長・増保健壱役を高木雄也(Hey!Say!JUMP)が。八巻の元同僚の東屋敷要役を、宇野祥平が務める。そして、本作のもう一つの主役が「町中華」。熱気や食欲をそそる油の匂い、心地よいリズムを刻む調理の音。本作は独特な雰囲気を持ち、人を惹きつけてやまない町中華の魅力を全面に打ち出した人情“タクシードライバー飯”ドラマとなっている。

前回の第2話では、離婚届けを出しに行く夫婦が八巻のタクシーに乗車。「お腹が空いた」という夫のリクエストで町中華を案内するのだが、そこでの八巻の粗相が功を奏して(!?)夫婦の気持ちに変化がおこる様子に、SNS上では「感動した」という声が上がっていた。

<第3話あらすじ>
ある日の夜、タクシードライバーの八巻孝太郎(渋川)は、消毒液の匂いがする若い女性を乗せる。その女性は看護師をしているメイ(山下)で、疲れた顔をしていた。

八巻はメイに餃子のおいしい店を尋ねられると、得意気な顔でメイの好みを聞き出す。翌日、休みだというメイは、ビールに合ってガツンとパンチのある餃子をリクエスト。

しかし、八巻の思い当たる店は定休日でメイは落胆。その姿を見た八巻は、焼き餃子、水餃子、スープ餃子の三種類が味わえる、とっておきの店を紹介し、その店へ向かうことに。

メイに誘われ、八巻も店に入る。横並びに座り乾杯をすると、メイが八巻に仕事の悩みを打ち明ける。すると、八巻も過去の商売の失敗や、離婚をしたことを明かした。

当記事はTVerプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ