片思いのまま失恋する女性の共通点と“不完全燃焼の恋”から立ち直る4つの方法

ウレぴあ総研

好きな男性に彼女がいることが判明したり、長年思いを寄せている女性のことを打ち明けられたり……。このように、告白していないにも関わらず失恋してしまったという経験は誰しも一度はしたことがあるはず。

告白していないのに失恋すると、どこか不完全燃焼な気分にもなるものです。

今回は、片思いのまま失恋する女性の特徴や、失恋から立ち直る方法についてご紹介します。

■片思いで失恋する女性の特徴とは?

■1: 好きな人がいる男性に片思いする

好きな女性がいる男性に対して魅力を感じてしまう女性がいます。

好きな人がいることを相談されたり、相手の行動でそれに気がついたりして切なくなることも多いでしょう。好きになった時にはもう彼女と交際している場合もあります。

■2: 恋をすると盲目的になる

恋をすると盲目になる女性は要注意。ナンパでチャラい男性でも、散々口説かれていればその気になってしまいます。

しかし、好きになったら最後。結局他の女性を口説いているところを目撃したり、大事にされないかったりして虚しい気分になるでしょう。

■3: アプローチ不足で告白できずに終わる

好きな人が職場や同じ学校にいるにも関わらず、それほどアプローチできずに見ているだけの状況が続く時もあるでしょう。

彼の転職や、そのまま部署が異動して接点がなくなることも考えられます。

■4: 告白するタイミングが掴めない

告白するタイミングが掴めずに、恋が終わるパターンです。告白した後のことを考えると気まずさや、振られた時のことを考えて告白できません。

■片思いの失恋から立ち直る4つの方法

■1: 服装や髪型を変える

髪型や服装をチェンジして気分転換を図りましょう。同時に、メイク講座や新しい習い事も始め、違う自分になるのもおすすめです。

今は受け入れ難い現実を「違う自分になった」と言い聞かせて、状況を受け入れるようにします。

■2: ノートに気持ちを書き出す

ノートに気持ちを書き出して、自分がなぜ辛いのかを整理しましょう。ノートに書き出すことで、客観視できるようになります。

可能であれば、どうしたら失恋の辛さから立ち直れるかも書き出してみてくださいね。きっと冷静になれるはずですよ。

■3: 思いきり泣く

相手に彼女ができたり、遠巻きに避けられたりしているときは、告白せずとも薄々失恋したことを察しますよね。

本当に好きだったからこそ、簡単に打ち明けられない思いであったはず。思い切り泣いて、ここまで頑張った自分を労うのもいいですね。

■4: 仕事や趣味に没頭する

何かに没頭していないと彼のことばかり思い浮かんで辛くなることも。そんなときは、仕事や趣味に没頭するのもいいでしょう。

そもそも人生は、恋愛が全てではありません。こんなときは「仕事に生きる」と割り切ってもいいのです。



■失恋したけれど彼のことが諦められないときは?

■1: しばらく様子を見る

その思いが一生報われないかといえば、そんなことはありません。何かの拍子に彼が彼女と別れることも考えられます。相手の考えが変わることもあり得ることです。

しばらくは自分の気持ちに正直に、彼のことを思っていることをせめて自分だけは認めてあげましょう。

■2: 自分磨きに励む

彼以上に魅力的な男性と恋に落ちることを想像すれば、現状の告白していないのに振られた状況は悪くないはずです。

これからもっといい人に出会うための運命だったと諦めて、自分磨きに励むのもいいでしょう。

■3: 好きな男性の理解者になる

例えば、その好きな男性とこれまで近しい関係にあり、彼女の相談や好きな人の相談を受ける立場だったとします。あなたは、もしかすると彼女より近しい存在かもしれません。

このままそっと彼の恋愛を応援しつつ良き理解者として側にいれば、ひょっとすると両思いになれるかもしれません。

■4: 目標を立てて頑張る姿を見せる

目標を立てて頑張る姿を見せることで、新たな自分の一面をアピールすることができます。

そのギャップに彼が惚れてくれるかもしれませんよ。一旦恋愛のことは置いておいて、精一杯仕事や目標に向かって頑張ってみるのも悪くないです。



告白していないのに、振られたかのようなシチュエーションはこれまでも意外にたくさんあったのではないでしょうか。

このような状況になったのは、自分だけではないことを割り切り、より素敵な男性を見つけるべく、自分磨きに精進するといいですよ。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。