玉木宏「恐竜とのバイクチェイスのシーンがすごく好き」 木村佳乃「もし恐竜と共演したら、撮影中に大量の抗生物質が必要になるかも」

エンタメOVO


 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』緊急シンポジウムが13日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏、木村佳乃、伊藤沙莉、満島真之介ほかが登場した。

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた本作は、「人間と恐竜は共存できるのか」をテーマに描く壮大な物語。約30年にわたり、恐竜と人類との戦いと絆を描いてきた『ジュラシック』シリーズの完結編となる。

前作に続き、主人公・オーウェン(クリス・プラット)の声を演じた玉木は「頑張ってやらせていただきました。恐竜とのバイクチェイスのシーンが僕はすごく好きで、本当に迫力がありました」とアフレコ時を振り返った。

本作で、物語を大きく動かす新キャラクター・ケイラ(ディワンダ・ワイズ)役に抜てきされた伊藤は「うれしかったですし、光栄です。ケイラという女性がカッコいい役でキーパーソンだったので、その世界観や人物像を絶対に壊したくないなと思って、やらせていただきました」と話した。

クレア(ブライス・ダラス・ハワード)役の木村は、そんな伊藤について、「沙莉さんはぴったりだなと思いました。6、7年前に朝ドラでご一緒して、初めて声を聞いときは、すごくハスキーに聞こえて、びっくりしたんです。『カッコいいし、いい声してるね』って言って」と初共演時の印象を語った。

また、“恐竜と共演した感想”を聞かれた木村は「まだ恐怖心があります。歯がとがっているところが怖くて…。私が考えるに、恐竜の歯にはすごく菌があると思うんですよね。かまれたら、すごく膿んじゃうんじゃないかなと。もし本当に共演したら、撮影中に大量の抗生物質が必要になるかもしれない」と想像を膨らませて笑いを誘った。

映画は、7月29日から全国ロードショー。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ