『Mステ』が非情な仕打ち…峯岸みなみの告白に同情「かわいそう」

まいじつ

峯岸みなみ 
峯岸みなみ (C)まいじつ 

元『AKB48』の峯岸みなみが、6月12日放送の『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)に出演。「AKB」卒業直前に受けたひどい仕打ちを明かし、視聴者から同情の声が漏れた。

二択のクイズ形式で進んだこの日の番組で、峯岸は解答者として『南海キャンディーズ』山里亮太とコンビを組んだ。

最終問題は『トム・ブラウン』布川ひろきが4分のネタの中で「ダメ~!」と口にした回数と、峯岸が「AKB」のメンバーとして最後に出演した『ミュージックステーション』(同系)で、カメラに1ショットで映された回数のどちらが多かったか問うものだった。

「『Mステ』のとき、めちゃくちゃカメラ映像確認しますから」と自信ありげな峯岸は、ヒントとして出された歌唱前の映像をチェック。峯岸がセンターの隣に陣取り、「センターの山内瑞葵ちゃんに負けないぐらい元気に頑張りたいと思います」と力を込めたが、この映像を見ながら峯岸は「人生最後(のAKBとしての歌唱)なのに、センターではないんですよ、私は」と嘆き、「これがヒントです」と告げた。

『Mステ』カメラに抜かれた回数は?


峯岸は自身が映った回数よりも「トム・ブラウン」の「ダメ」の回数の方が多いと予想。自身が映った回数は「3か4です」とし、「『卒業なのにこれか』って思った」と振り返った。

「Mステ」の歌唱映像が流れると、峯岸は「よーく見つけてくださいね」と呼び掛けたが共演者は「どこ?」「目視でけへんわ」「ウォーリーより探すの大変だ」となかなか見つからない様子。結局、終始後方の隅で踊り続けた峯岸が、1人のみでカメラに映った回数は3回のみだった。なお、「トム・ブラウン」の「ダメ」の回数は4回だった。

峯岸は当時について「忘れもしないですよ!」と嘆いていた。視聴者は卒業回でほとんどカメラに映らなかった峯岸に同情している。

《峯岸みなみかわいそうだなーって思ったのは覚えてる でも正直あの時のセンターなんて顔も名前も覚えてない》
《峯岸のMステ最終回の1ショット回数3回はかわいそう》
《卒業でこの扱いの峯岸流石にかわいそうでびっくりするな》
《峯岸みなみ、それはかわいそうやな…》
《流石に、峯岸のラストAKB48のワンショット3はひどくね?》
《卒業なのに可哀想だけど今のAKB全くわからんから峯岸の勝ち》
《卒業ラストMステだったら普通カメラマンさん忖度してたくさん抜いてくれるのに》
《えーまじか。笑ったけど半分は割とマジでかなしくなっちゃう。峯岸みなみちゃん幸せであれ!》

今やバラエティー番組に引っ張りだこの峯岸。卒業前の扱いと比べればずいぶんと出世したものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ