プロフィギュアスケーター織田、子孫いじりが嫌だった過去を告白【痛快!明石家電視台】

6月6日(月)放送の「痛快!明石家電視台」(23:58~24:53MBS毎日放送)では、MC明石家さんまをはじめ、アキナ(秋山賢太・山名文和)、山崎香佳、クロちゃん、村上ショージ、間寛平、中川家(剛・礼二)、ゲストにプロフィギュアスケーター織田信成が登場。

今回は「妻が夫にキレまくる恐妻家スペシャル」ゲストで織田信成夫妻が登場!夫婦ゲンカトークでまさかの涙に…さんま大激怒!?

織田信成のおかしなファッションセンスとは…

ゲストで登場した織田信成夫妻(妻:茉由さん)、「中学1年生の時から好きだった」と織田信成。
中学1年生の時に席が茉由さんと隣になった織田信成は、直感で「この人と結婚する」と思ったらしく、そこからずっと茉由さん一筋!

一方の茉由さんは織田信成の好意には全く気付かず、背が低かった織田に対し「なんかちっさいのチョロチョロしてんな~」という印象しか持っていなかったんだそう。当時の織田信成ドンマイすぎる。

中学では何も発展しないままお互い別の高校に通うことになった2人、だが織田信成は一向に茉由さんのことが忘れられず、高3の時にようやくデートにこぎつけたそう。
めちゃくちゃ気合の入った織田信成は、なんと紫のジャケット、白のサングラス、ハートのベルトというフィギュアスケートよりも派手な格好でデートに向かったんだとか…。
本人曰く「織田家のオシャレアイテムを全部詰め込んだ」らしいが、その頑張りも虚しく、見事1度目の告白は振られてしまったそう。女性からすると当然の結果だろう。

織田信長イジりは嫌だった!?

「織田信長の末裔とイジられるのは嫌だったそうです」という茉由さん。イジられるのが嫌だった織田信成は、毎回子孫であることを否定していたんだとか…。

「安土桃山時代に入ってからすごくイジられてた」と、困った表情を浮かべる織田信成。
ランドセルにリコーダーを挿して背負っていると、友達から「それ刀ちゃうんか?」や、「ちょんまげにしないの?」など様々なレパートリーでいじられたんだそう。
今は開き直っているが、当時は相当な苦痛だっただろう。そんな織田信成の苦労をよそに、ひとり大爆笑する明石家さんまだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ