敵?味方?ドラマ『インビジブル』第8話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

高橋一生主演ドラマ『インビジブル』(TBS系列)の第8話が6月3日に放送された。

「あの頃の弟を取り戻したい」「今していることをやめさせたい」

キリコ(柴咲コウ)の願いは弟・キリヒト(永山絢斗)の行いをやめさせること。キリコの願いを聞いた志村(高橋一生)は3年前の事件の真相を追いかけながら、キリコを助けることを約束。

その矢先、志村とキリコは内部情報がキリヒトに漏れていることに気付き、捜査一課内の内通者探しをはじめるのだったが…?

第8話のあらすじ&見どころをご紹介!

第8話のあらすじ

捜査一課内の内通者を探していた志村とキリコ。志村は捜査一課長・犬飼(原田泰造)から呼び出され、指定された場所へ向かう道中、血を流して救急車で運ばれる犬飼を目撃。

そして…副総督・牧野(羽場裕一)から犬飼の死亡が発表され、当面の間、捜査の指揮を猿渡(桐谷健太)が執ることになった。極秘で内通者を調べていた犬飼の突然の死に、志村はインビジブルの関与を疑い「課長は殺されたんです」と声を上げる。

その頃、キリヒトは正体を偽って東子(大野いと)に近付きライブハウスに誘い込む。『興行師』を使った新たな犯行を画策して…?

見どころ

クリミナルズ『興行師』

今回キリヒトが使う『興行師』は、ターゲットを殺す瞬間をショーにして依頼人に配信するクリミナルズ。ターゲットは東子を含め3人!ターゲットはなぜ殺しを依頼されてしまったのか?依頼人は一体…?志村たちは犯行を食い止め、ターゲットを救い出すことができるのか?ハラハラドキドキの展開から目が離せない!

猿渡は敵?味方?

第7話で内通者疑惑のあった犬飼が死亡し、課長を失った捜査一課。志村は代理で指揮を執ることになった猿渡に疑惑を向ける。猿渡は志村の敵?味方?猿渡の行動と言動に注目!

キリヒトが出した条件

ターゲットを救うためにキリヒトが出した究極の条件に志村がピンチに陥る…!そしてその判断を委ねられたのはキリコ。キリコが出した結論が今後、更なる波乱を巻き起こす。

次週の放送が待ちきれない!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ