【ビルボード 2022年上半期“HOT Animation”】鬼滅強しAimer「残響散歌」堂々トップ、King Gnu『呪術廻戦 0』主題歌が続く

Billboard JAPAN



2022年上半期Billboard JAPAN総合アニメソング・チャート“HOT Animation”で、テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編のオープニング曲であるAimerの「残響散歌」が1位に輝いた。

2019年後半から徐々に本格化した空前の『鬼滅』ブームは遊郭編でも健在で、前期のオープニングを担当したLiSAからバトンタッチするようにAimerがトップの座についた。本曲はアニメ初回放送直後の12月6日に配信がスタート。2021年12月15日公開チャートでトップに初登場してから上半期最終週までに15回も首位に輝いている。ダウンロード、ストリーミング、動画再生、Twitter、ラジオの5指標で1位、CDセールス2位、CD読み取り回数のルックアップで2位、カラオケ3位と、どの指標も高ポイントを獲得して、アニメファンも納得の堂々のトップに立った。

2位・3位には、2022年を代表する大ヒット映画『劇場版 呪術廻戦 0』より、King Gnuが歌う主題歌「一途」とエンディング曲「逆夢」がチャートイン。映画公開前の12月10日に配信スタート&ミュージック・ビデオが公開された「一途」は、「残響散歌」と初週が被ってしまったものの、映画のヒットとCD発売効果により、チャートイン4週目にトップに。“百鬼夜行の決行日”である12月24日から約5か月にわたって劇場公開された映画は興行収入137億円を突破。2023年にはTVアニメ第2期が放送される予定で、早くも注目が集まっている。第1期のオープニングを飾ったEveの「廻廻奇譚」は、EP収録曲(アルバム扱い)であるためフィジカル・ポイントがないものの、動画再生5位、ストリーミング6位、カラオケ8位と、リリースから1年以上経過しているが、上半期7位に入るロングヒットを記録した。

『東京リベンジャーズ』も原作ファンのみならず、幅広い世代から注目を集めたアニメだ。第1期は昨年9月に最終回を迎えたが、マイキーなど人気キャラクターに扮するコスプレやTikTok投稿が流行し、「ひよってるやついる?」も流行語になった。アニメのオープニング・ナンバーであるOfficial髭男dism「Cry Baby」は、カラオケ1位、ストリーミング4位、動画再生6位、ダウンロード9位を記録して、2021年年間チャートから1つ順位を上げて、4位にチャートインした。

『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『東京リベンジャーズ』と、アニメ作品が様々なプラットフォームで盛り上がっているなか、2022年の目玉は現在放送中の『SPY×FAMILY』だろう。もともと原作ファンが多い本作は、そのストーリーとキャラクター、そして声優キャストが見事にはまり、ファンをも裏切らない傑作アニメに。オープニングのOfficial髭男dism「ミックスナッツ」(6位)、エンディングの星野源「喜劇」(11位)は、アニメ放送時から現在まで非常に好調な動きをキープしており、今年のアニメ下半期を大いに賑わすロングヒットが見込まれる。

Text by Mariko Ikitake

◎【2022年上半期Billboard JAPAN総合アニメソング・チャート“HOT Animation”】トップ10
1位「残響散歌」Aimer
2位「一途」King Gnu
3位「逆夢」King Gnu
4位「Cry Baby」Official髭男dism
5位「怪物」YOASOBI
6位「ミックスナッツ」Official髭男dism
7位「廻廻奇譚」Eve
8位「虹」菅田将暉
9位「炎」LiSA
10位「明け星」LiSA

集計期間:2021年11月29日(月)~2022年5月29日(日)

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ