ジェニファー・ロペス、透けるドレスでトライベッカ映画祭に出席 ファンは「これまでで最高!」

ジェニファー・ロペス(52)が、「トライベッカ映画祭」で開催した自身のドキュメンタリー映画のプレミア上映会にて透ける素材のドレスを着て登場した。ジェニファーは胸とヒップ部分を隠したロングドレスを纏い、ジムで鍛え上げた美ボディを披露した。

現地時間8日、米ニューヨークの「BMCCトライベッカ・パフォーミングアーツ・センター(Tribeca Performing Arts Center)」で「2022 トライベッカ映画祭」が開幕した。毎年恒例の同イベントは8日から19日まで12日間にわたり開催される。

同日開催したNetflixのドキュメンタリー映画『ジェニファー・ロペス: ハーフタイム』のワールドプレミア上映会では、会場に現れたジェニファー・ロペスの衣装が人々の注目を集めた。

ジェニファーが着ていたのは、胸とヒップ部分を黒いベルベットで隠した大胆なロングドレスだ。ベルベット部分は曲線的なフォルムで、他の部分は透けるシアー素材でできている。

日頃からジムで鍛え上げている美ボディを披露したジェニファーは、片手を腰に当てるなどカメラに向かってポーズを取った。

ジェニファーはブラウンのロングヘアのフロント部分を後ろでまとめ、耳元では大きなドロップイヤリングが輝いている。

そして左手薬指につけていたのは、今年4月に婚約者ベン・アフレックから受け取った8.5カラットのグリーンダイヤモンドを配した婚約指輪だ。片手には黒いクラッチバッグを持ち、右手中指には別のダイヤモンドの指輪をつけていた。

ジェニファーが自身のInstagramでその姿を公開すると、フォロワーからは「これまでで最高だ!」「ワオ! もの凄くキレイだわ!」「素晴らしい。映画を見るのが楽しみ」といったコメントが寄せられた。

Netflixで6月14日に配信開始するドキュメンタリー映画『ジェニファー・ロペス: ハーフタイム』のタイトルは、50代に突入したジェニファーと歌手シャキーラと共演した「NFLスーパーボウル」第54回大会のハーフタイムショーにちなんだものだ。

映画ではハーフタイムショーでのパフォーマンスを中心に、ジェニファーの数十年にわたるキャリアに焦点を当てるほか、彼女の双子の子供達エメちゃんとマックス君(ともに14)との絆を含むプライベートライフも紹介される。

本作のトレイラーでは、ジェニファーがハリウッドでアーティストとして真剣に受け入れてもらうための闘いや初期にメディアや世間から受けた評価など、キャリアを通して直面した苦悩が浮き彫りにされている。



画像は『Jennifer Lopez 2022年5月31日付Instagram「#HappyMemorialDay!」、2022年6月8日付Instagram「#Halftime Premiere」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ