永山瑛太 川栄李奈 出演、芥川龍之介『鼻』原案のラブストーリーがYouTubeで無料公開

dwango.jp news


この度、映画『一度死んでみた』や『CM・au三太郎シリーズ』等で知られる浜崎慎治氏が監督・脚本を務めるデジタル短編映画『半透明なふたり』が、2022年6月8日(水)にYouTubeにて全編公開される。




本作品は、芥川龍之介の短編小説『鼻』のエッセンスを活かし、原作にはない登場人物「眼帯女」を登場させ、傷を背負った2人のラブストーリーを文学的に描いた短編映画。メインキャストには、映画や舞台でマルチに活躍する永山瑛太、映画のみならず朝ドラヒロインも務めた川栄李奈を迎え、永山瑛太が、鼻が顎のあたりまで垂れ下がった鼻男「龍也」、川栄が、いじめに遭い片目を大怪我してしまった眼帯の女性「文」を演じる。



映画公開を記念し、6月8日(水)より都営地下鉄 大江戸線 六本木駅にて屋外広告が展開される。永山瑛太、川栄李奈のシルエットとともに、世界観訴求のメッセージが六本木駅をジャック。『半透明なふたり』一色に染まった世界は圧巻。


主題歌は、藤井フミヤが担当。藤井フミヤが映画楽曲を手掛けるのは、藤井フミヤが映画楽曲を手掛けるのは、2010年の映画『おにいちゃんのハナビ』から12年ぶり。さらに、本作のために完全書き下ろしとなるオリジナル楽曲『水色と空色』は6月8日より、CDリリースされる。CMヒットメーカーの浜崎監督と永山、川栄の映画初タッグにも注目だ。短編映画全編をYouTubeで無料公開する挑戦的な取り組みとなっている。


<ストーリー>

鼻が顎の辺りまで垂れ下がった男・龍也は夜のコンビニでバイトをしている。最近、深夜に来店する眼帯の女の子が気になっている。その子が聴いていたヘッドフォンと店内で流れていた曲が偶然にも同じ曲で同じタイミングで流れていて、、、

<登場人物>

【鼻男・龍也(35)永山瑛太】

生まれた時から顎のあたりまで鼻が垂れ下がっていて、そのことがずっとコンプレックスで生きている。その鼻はテングザルのような大きな鼻である。現在は父が店長をしているコンビニで夜のバイトをしているが、最近、いつも決まって深夜に一人で来店する眼帯の女の子が気になっている。

【眼鏡女・文(25)川栄李奈】

中学生の頃、イジメられトイレで顔面を踏みつけられ片目に大怪我を負ってしまう。それが今でもトラウマになりそれ以来対人恐怖症で、ほぼ家から出ない生活。世の中が寝静まった深夜に一人でコンビニに行くのが習慣であるが、鼻の大きな店員が気になっている。


今、世の中は傷ついています。

コロナ、戦争、大災害、、、身近なところでいうと

SNSでの誹謗中傷

色んなことが窮屈で、鬱屈としたこの時代に

前向きに生きていける希望になれるような作品を作りたいと思いました。

主人公は傷ついた(ハンディキャップを背負った)男女

半分ずつの、半透明な彼らの

出会いと再生の物語です。


水色と空色はかなり近い色なのですが、今回の主人公「龍也」とそれに寄り添う「文」。不器用にしか生きられない二人が、お互いに相手の中に自分との共通部分を見つけることで自分自身と向き合い、共に成長していく姿をイメージして作りました。是非映像と共に何度も聴いていただき、この曲の歌詞の世界も味わって頂ければと思います。


「半透明なふたり」という作品が出来ました。観て頂く方々にどのように感じていただけるかは僕にも分かりません。

浜崎監督というユーモアのある監督が脚本を書かれて、監督・編集されて、伝えたいことは何なのか、半透明な2人はどこへ向かうのか、昨今の正体不明なモノに対して一石を投じるエンターテイメント作品になっていると思います。楽しんで頂けたら幸いです。


この作品は短編映画ではあるんですけど、皆さんが見やすいようにモノクロだったりとか、ダンスシーンで感情を伝えたりとか、凄くメッセージ性の強い作品ではあるので、少しでも多くの方に何か感じてもらえたらいいな、という風に思います。

■『半透明なふたり』

2022年6月8日(水)YouTubeで公開

出演:永山瑛太、川栄李奈、他

原案:芥川龍之介『鼻』
監督・脚本:浜崎慎治
エンディング音楽:藤井フミヤ
制作プロダクション:ギークピクチュアズ
製作:『半透明なふたり』製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ