真相が明らかに?!ドラマ『正直不動産』第9話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

山下智久主演ドラマ『正直不動産』(NHK総合)の第9話が5月31日に放送された。

財地(山下智久)は正直営業で営業成績ナンバーワンへの返り咲きを目指す。しかし、登坂不動産社長・登坂(草刈正雄)に因縁を持つミネルヴァ不動産社長・鵤(高橋克典)によって、管理物件や案件を奪われて業績がピンチに…。

一方、財地にロックオンした榎本(泉里香)は、財地の後をつけ自宅アパートを特定。風呂なしアパートに住んでいることがバレてしまい…?

第9話のあらすじ&見どころをご紹介!

第9話のあらすじ

登坂不動産が創業以来の大ピンチを迎える。社員が次々とミネルヴァ不動産へと引き抜かれ、ミネルヴァ不動産は案件だけでなく人員まで奪いにきたのだった。

そんな時、都内の4LDK、富士山が見えるマンションの購入を希望する夫婦が来店。担当を立候補した月下(福原遥)が物件探しをはじめるのだが、またしてもミネルヴァ不動産・花澤(倉科カナ)が立ち塞がる。

さらに、投資用の物件を購入したいという客が現れ、財地に利回り10%の物件を探すよう申し入れる。そして、財地は登坂と鵤の因縁の騒動の渦に巻き込まれていくのだった…。

見どころ

月下 VS 花澤

またしても月下に花澤が立ち塞がる!顧客第一主義の月下はミネルヴァ不動産のやり方が許せず、奮起し“富士山が見える都内のマンション”を探す。夫婦が選んだ物件は、月下と花澤どちらの物件なのか?対決の行方に注目!

登坂と鵤の因縁の真相が明かされる!

ミネルヴァ不動産が登坂不動産を潰しにかかってくるのには、2人の過去の因縁が関係していることまでは明かされていたが、第9話で2人の過去と因縁を抱く理由が明らかとなる。

榎本が猛アプローチを開始!

財地の正直さに惹かれた榎本が、財地に本気でアプローチを開始!恋の行方も気になるところ。

次週、いよいよ最終回!両社の戦いはついに最終局面を迎える…。財地は会社のピンチを救うことはできるのか?次回の放送が待ちきれない。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ