エリザベス女王、宮殿バルコニーにサプライズ登場 声明文では祝賀行事の多くの参加者に「心から感謝」

エリザベス女王(96)が、即位70周年「プラチナ・ジュビリー」の記念式典のクライマックスで、バッキンガム宮殿のバルコニーにサプライズ登場した。同日の女王は声明文を発表し、多くの人々が祝福してくれたことに対する感謝を述べた。

エリザベス女王の即位70周年を祝福する「プラチナ・ジュビリー」記念式典が、現地時間5日に最終日を迎えた。2日に開幕した祝祭は4日間にわたり開催され、軍事パレードや記念礼拝、野外コンサートなどが盛大に行われた。

最終日となる5日には、過去70年間におよぶエリザベス女王と英国の文化の歴史を振り返るパレード「プラチナ・ジュビリー・ページェント」が行われた。

集まった人々が英国旗を振って見守る中、パレードは午後2時半にロンドン中心地からスタートした。午後4時半頃にバッキンガム宮殿にエリザベス女王の滞在を知らせる王室旗が揚げられると、群衆が宮殿に向かって歩き始め、女王を出迎える準備を始めた。

宮殿前に設置したステージで、歌手エド・シーランが自身のヒット曲『パーフェクト』を披露した後、宮殿のバルコニーにエリザベス女王がサプライズ登場したのである。

女王は鮮やかなグリーンの装いで現れ、傍らにはチャールズ皇太子カミラ夫人ウィリアム王子キャサリン妃、そしてジョージ王子シャーロット王女ルイ王子が並んでいた。

女王が着ていたのは、「スチュワート・パーヴィン(Stewart Parvin)」によるダブルクレープウール生地のドレスと金色のボタンがついたコートだ。黒いポンポンがついたお揃いの帽子は「レイチェル・トレヴァー=モーガン(Rachel Trevor-Morgan)」によるものだ。

女王は3連のパールのネックレスを着用し、左胸にはダイヤモンドのボウ(リボン)ブローチをつけていた。このブローチは1858年、ヴィクトリア女王が所有したダイヤモンドで作られた3つのブローチのうちのひとつだ。ヴィクトリア女王が亡くなった後に王室の歴代女王達へと継承されたのち、エリザベス女王へと引き継がれた。

この日、女王は声明文を発表し「私のプラチナ・ジュビリーを祝うために、これほど多くの人々が街頭に立ってくれたことに恐縮し、深く感動しています」と述べた。

そして「すべてのイベントに出席したわけではありませんが、私の心はみなさんと共にあります。家族に支えられながら、今後も全力でみなさんのために努力を尽くしていきます」と綴った。

最後には、4日間にわたる祝賀行事に参加した人々に感謝の気持ちを伝えた。

「ここ数日、優しさと喜び、親近感に溢れていたことに心を打たれました。この新たな一体感が、これから先もずっと続くことを願っています。皆様のご好意と、幸せな祝祭に参加してくださったすべての皆様に、心から感謝します。」



画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2022年6月5日付Instagram「What a wonderful end to this extra special #PlatinumJubilee weekend.」』『Clarence House 2022年6月5日付Instagram「Thank you, Your Majesty.」』『The Royal Family 2022年6月5日付Instagram「“I have been humbled and deeply touched that so many people have taken to the streets to celebrate my Platinum Jubilee.”」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ