ヘンリー王子とメーガン妃、王室離脱後初の王室イベントへ ウィリアム王子夫妻らとは通路を隔てて着席

ヘンリー王子とメーガン妃が、ロンドンのセントポール大聖堂で執り行われた記念礼拝に出席した。エリザベス女王の即位70周年を祝福する「プラチナ・ジュビリー」の記念礼拝だったが、女王は体調に違和感があったことから欠席した。

現地時間3日、セントポール大聖堂で記念礼拝が執り行われ、チャールズ皇太子カミラ夫人ウィリアム王子キャサリン妃ら王室メンバーが出席した。

エリザベス女王は2日に開催した「トゥルーピング・ザ・カラー」の軍事パレード見学後に体調に違和感があり、出席を断念したことが発表された。

2020年3月に王室離脱後、米国に移住したヘンリー王子メーガン妃「プラチナ・ジュビリー」のために英国に帰国中だ。2日に開催した「トゥルーピング・ザ・カラー」では、バッキンガム宮殿のバルコニーには登場しなかったが、ホース・ガーズの少佐執務室の窓から軍事パレードを見学する様子がキャッチされていた。

そんな夫妻が、王室を離脱して以来初めてとなる王室イベントに出席したのである。

モーニングスーツを着たヘンリー王子は、白いコートドレスと帽子を着用したメーガン妃と固く手を繋ぎ、緊張した面持ちで礼拝堂の座席へと歩いていった。

夫妻が着席したのは、チャールズ皇太子夫妻やウィリアム王子夫妻などの最上級の王室メンバーと通路を隔てた前から2列目の席だった。

ヘンリー王子の隣には、ユージェニー王女と夫ジャック・ブルックスバンク氏ベアトリス王女と夫エドアルド・マペッリ・モッツィ氏が座っていた。

およそ50分間にわたる礼拝後には王室メンバーやVIPが参加するレセプションパーティが行われたが、ヘンリー王子夫妻は参加せず、待ち受けた車に乗り込んでその場を後にしたという。

英メディア『The Sun』の王室情報筋は「ヘンリーとメーガンは、セントポール大聖堂に向かう途中、クラレンスハウスに立ち寄り、チャールズ皇太子に会えたことを喜んでいます」と話し、次のように明かしている。

「しかしその後のレセプションで、ウィリアム王子やキャサリン妃と肩を並べ、王族と懇談する時間を過ごすことに乗り気でなかったようです。」

現在ヘンリー王子とメーガン妃は、息子アーチー君娘リリベットちゃんと共にウィンザーのフロッグモア・コテージに滞在中だ。

同メディアによると、エリザベス女王は自身の愛称にちなんで名付けられたリリベットちゃんとようやく初対面を果たしたという。

画像は『Clarence House 2022年6月3日付Instagram「Thank you, Your Majesty, for 70 years of unwavering and dedicated service」』『Princess Eugenie 2022年6月3日付Instagram「Celebrating 70 years..」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ