わずか30秒目を離した隙に大通りに駆け出す幼児 「人生の中で最も恐ろしい瞬間だった」と母親(米)<動画あり>

好奇心旺盛な幼い子は親が目を離した一瞬の隙に事件や事故に巻き込まれてしまう。アメリカ在住で3児の母親であるヴィクトリア・エリザベスさん(Victoria Elizabeth)が5月28日、「悲劇がどれほど簡単に起こってしまうのか知ってほしい」と幼い息子が事故に合う間際の映像を公開し、人々に警鐘を鳴らした。『7NEWS』などが伝えている。

アメリカ在住で男児3人の母親であるヴィクトリアさんが5月28日、自宅に設置された防犯カメラが昨年10月22日に捉えた58秒の映像をTikTokに公開した。動画はヴィクトリアさんが上の2人の子に注意を向けていたわずか30秒ほどの間に、三男がゲートを抜けて敷地内から抜け出し、交通量の多い大通りに一目散にかけていくところが映っている。

時刻は5時21分、学校や幼稚園からそれぞれ帰ってきたのか、子供用のリュックサックを肩にかけたヴィクトリアさんが家の鍵を開けているところから動画は始まる。

長男は電子パッドに視線を落としたまま家の中へ、傘を持った次男はヴィクトリアさんが屈んで靴紐をほどいてあげているようだ。すると画面の奥から、兄2人に遅れてあどけない足取りの三男が現れた。2歳ほどとみられるその子は、みんなが家に入ろうとしている間にドアとは逆に家の外につながる門へと走っていく。

車用のゲートとは別に作られた狭い押戸式のゲートにはハロウィン用に大きなかぼちゃの飾りが3個置かれており、わずかに門が開いたままだ。それに気づいた三男は両手で門を押して全開にすると、そのまま勢いよく敷地の外に駆け出していったのだ。

この時点で動画再生時間は11秒ほど、ヴィクトリアさんの視線はまだ次男の足元にあり、三男が外に出て行ってしまったことなど気付いていない。

外に飛び出した三男はその間にも家からどんどん遠ざかり、すぐそばを通る交通量の多い大きな道路にあと少しのところまで来ていた。

そして動画開始から36秒、ようやくヴィクトリアさんは三男が外に出ていることに気付く。持っていた手荷物を地面に落とし、慌てたヴィクトリアさんは全速力で追うが、三男は止まることなく道路に一直線だ。

母の叫び声を聞いたのだろうか、家の中から2人の兄が何事かといったように外に出てくると、車に轢かれる寸前のところでヴィクトリアさんは三男を腕の中に引き寄せることに成功した。

一瞬の間に起こったこの恐怖体験を振り返り、ヴィクトリアさんは当時の様子をこう語っている。

「私の人生で最も恐ろしい瞬間でした。息子が生きていることに本当に感謝しかありません。子供って本当に速いんです。」

「私はただ息子を抱きしめて泣いてしまいました。門は閉まっていると思っていたから。」

「この動画をシェアすることに躊躇しました。多くの批判を受けるだろうと思ったからです。」

「でも悲劇がいかに簡単に起こり得るのか示すことができるのなら、否定的なコメントも大丈夫です。」

「私にとって最高の瞬間ではなかったけど、息子が無事で、彼を失わずに済んだことがどれほど幸運なことか、分かっています。」

「息子たちのことを世界で一番愛しています。息子を追いかけている時、私はそこにいながらも魂が抜け出たようでした。」

ヴィクトリアさんが「子供から目を離さないで」と注意を呼びかけたこの動画はこれまでに1350万回以上再生され、ユーザーからはこのような声が寄せられた。

「子供から目を離すなんてあり得ない。」

「子供が3人もいて、なんで門を閉め忘れるんだ。危機感がない。」

「これらはすべてたった30秒間に起きた。どんな母親も30秒くらい、子供から目を離してしまうことってあるわ。」

「みんな彼女を批判するけど、完璧な母親なんていない。彼女は明らかに、この出来事をみんなへの教訓として伝えようとしているだけよ。批判する必要なんてない。」

「本当に、一瞬であんなに速く、遠くまで行ってしまったわ。」

「みんな『子供からこんなに長い間、目を離すなんて』っていうけど、このビデオは58秒よ?」

画像は『Victoria 2022年5月28日付TikTok「The scariest moment of my life.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ