A.B.C―Z塚田遼一が座長推薦で熱海五郎一座入り〝確定〟か

 早くも一座入り〝確定〟か。俳優の三宅裕司が率いる熱海五郎一座の新橋演舞場シリーズ第8弾舞台「任侠サーカス~キズナたちの挽歌~」(5月29日~6月26日)にゲストとして出演しているA.B.C―Zの塚田僚一に思わぬラブコールが舞い込んでいるという。

 同舞台には10年ぶり2度目の出演となる大物ベテラン女優の浅野ゆう子も出演している。今回が9年ぶり2度目となる熱海五郎一座の舞台参加ということもあり、大張り切り。常日頃から同一座の大ファンで毎年欠かさず観劇しているほどにのめり込んでいるが、そんな〝熱海五郎一座マニア〟の大物女優・浅野ですらも今回の舞台では同じゲストの塚田の存在感に大きく驚かされたようだ。

 浅野が今回演じるのは三宅と敵対する女組長の役。一方の塚田は演舞場シリーズで初めての男性ゲストとなり、ひょんなことから三代目組長を任されるサーカス団員を演じている。ジャニーズきっての筋肉美と身体能力の持ち主とあって、アクロバティックな動きも随所に交えつつパワフルな演技も垣間見せる塚田について浅野は「私がこれまで共演してきた俳優さんにはいなかったタイプ。素晴らしい才能を持っている」と賞賛。周囲に〝ゾッコン〟となっている様子ものぞかせているという。

 そして、その浅野以上に塚田を大絶賛しているのが座長の三宅だ。三宅が主催する劇団スーパーエキセントリックシアター(SET)に近い位置にいる関係者も「今回の熱海五郎一座への塚田さんのゲスト出演は座長の三宅さんたっての希望で実現した」と打ち明け、次のように言う。

「そもそもSETの原点はミュージカル・アクション・コメディ。そこから派生して旗揚げされたのが、熱海五郎一座です。近年の三宅さんは若い俳優さんにあまり興味がなかったのですが、塚田さんに関しては別。ジャニーズ所属でありながら〝肉体派〟として活躍し、三枚目的なこともできる塚田さんの潜在能力にすっかり惚れ込んでいます。何しろ最初に塚田さんの存在を知った時、三宅さんは『これを運命と言わずして何と言えばいいんだ!』と周囲に言いまくっていたほど。それもあって今回、塚田さんを事実上〝スカウト〟したというわけです。『難しいかもしれないが、ウチに何とか本格参加してくれないかなあ』と三宅さんは漏らしていて今後、熱海五郎一座へ〝レギュラー〟として出演し続けてもらうことを強く望んでいると聞きます。展開次第ではジャニーズ所属でありながらSETとの〝掛け持ち〟ということもあり得るかもしれません」

 関係者の話を総合すると、三宅は「オレの後継者に」と冗談とも本気ともとれるような言葉を塚田に対して向けているという。まさかのラブコールに塚田はどう反応するか。いずれにせよ、三宅ほどの大物にここまで気に入られた塚田本人とすれば大変名誉なことであろう。

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ