体重60kgの飼い犬に顔を噛みちぎられた1歳女児 「娘は言葉が出なくなった」と母親(南ア)

昨年8月のこと、体重60キロの飼い犬に1歳女児が顔を噛みちぎられる事故が発生した。「それまで完璧だった」という飼い犬の豹変に、家族は9か月以上経った今でもトラウマで苦しんでいるという。『The Mirror』などが伝えている。

南アフリカ、ヨハネスブルグ出身のリザンヌ・ノーデさん(Lizanne Naudé、32)は昨年8月22日、キッチンにいた娘メニーちゃん(Mené、1)と息子リーハン君(Lihan、4)の激しい泣き声を聞いて慌てて駆けつけた。

当時キッチンでは夫ジャコさん(Jaco、32)が料理中で、メニーちゃんは隣に座っていた飼い犬のセント・バーナードのミックス犬“バーニー(Bernie)”に突然顔を噛みつかれたのだった。バーニーは体重が60キロ、後ろ足で立つと体長が182センチ超になる大型犬で、一家が約1年前に迎え入れたオスだった。

「キッチンに足を踏み入れると、メニーの顔や首から血が滴り落ちるのが見えました。バーニーの歯型が残っているのを見て、私はとにかく出血を止め、娘を慰めるのに必死でした」と当時を振り返るリザンヌさん。メニーちゃんは上唇から鼻にかけて噛まれ首に深い傷を負っており、搬送先の病院では唇の形成手術と首の傷の治療のために皮膚移植が行われた。

リザンヌさんは「メニーの唇は完全に引き裂かれ、首には深い傷が残りました。14針を縫う重傷で、メニーの主要動脈が切れなかったのが不思議なくらいでした。また手術後は包帯でグルグル巻きにされ、傷痕がどんな状態なのかを見ることができず、感染症の危険があることから毎週医師の診察を受けました」と振り返り、次のように語った。

「もうすぐ事故から1年になりますが、私も夫もいまだに悪夢にうなされます。また2人の子供たちもトラウマを抱えています。メニーは事故前にいくつか言葉を話していましたが、バーニーに噛まれてからは言葉をきちんと話すことができず、今でも喃語を使っています。」

「バーニーは私たちがしつけをし、子供たちにとって完璧な犬でした。あの事故が起きる前まで、問題になるような振る舞いは全くなかったのです。メニーはバーニーの被毛や耳を引っ張って遊ぶようなことは決してせず、バーニーの隣に座り体を撫でるのが大好きでした。バーニーもそれを喜んでいたのです。それがあの日、バーニーは攻撃する素振りなど一切見せることなく、突然娘を噛んだのです。」

実はバーニー、ジャコさんが動物虐待防止協会のシェルターに連れて行こうと車に乗せた時に腕を噛み、のちに獣医によって安楽死されたという。リザンヌさんは「獣医には『1度ならまだしも、2度も攻撃したとなるとリハビリはできない』と言われました。でもバーニーが夫を噛んだ瞬間、まるで別の犬であるかのように豹変したのです」と肩を落とす。

なおメニーちゃんの唇から鼻にかけての形成手術は成功しているが、顔には赤い傷痕が残っており病院通いは続いている。リザンヌさんは「娘が10歳になる頃までに目に見える傷痕がなくなることを願っています。最悪の事態もあったわけで、今は娘の命があったことを感謝するようにしています」と述べるとこのように続けた。

「動物には本来備わっている本能があり、行動を予測することはできないのです。そして私たちは、そのことを常に肝に銘じておかなくてはならないのです。」

ちなみにこの事故には「どんな犬であっても幼い子供といる時は大人の監視が必要」「またかという気持ち」「まさかうちの犬に限って…といって事故に遭う。この繰り返し」「うちの犬も私が赤ちゃんを抱いている時に豹変した。幸い小さな傷で済んだが、教訓になった」「親の責任」「体の傷だけでなく心が回復することを祈っている」といったコメントがあがっている。

画像は『The Mirror 2022年5月28日付「EXCLUSIVE: Toddler’s horror injuries after ‘perfect’ family dog tries to rip her face off」(Image: SWNS)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ