【イタすぎるセレブ達・番外編】ジョニー・デップ、元妻アンバーに対する米国の裁判で勝訴「人生を取り戻した」

ジョニー・デップが、元妻アンバー・ハードに対する名誉毀損裁判で勝訴した。これによりアンバーに1500万ドル(約19億5千万円)の賠償金支払いが命じられた。現在、英国に滞在中のジョニーは声明文を発表し「人生を取り戻した」と安堵の言葉を述べている。

ジョニー・デップは、2018年に米紙『Washington Post』が掲載したアンバー・ハードの寄稿文が自身の名誉毀損にあたるとして、5000万ドル(約65億円)の損害賠償を求める民事裁判を起こしていた。記事では加害者の名前を出さなかったものの、ジョニーがDVを行ったことを示唆する内容だった。

現地時間4月11日には米バージニア州フェアファックスで裁判が開始。法廷ではジョニーとアンバー・ハードが証言台に立ち、過去のDV疑惑に関する事実を述べた。

5月27日には双方の弁護士が最終弁論を行い、陪審員による審議が開始された。そして6月1日午後、12時間以上に及ぶ審議を経てジョニーの勝訴が決定したのである。

陪審員はジョニーが1500万ドル(19億5千万円)の賠償金を獲得できると決定したが、バージニア州法の懲罰的損害賠償の上限により、アンバーは1035万ドル(約13億5千万円)を支払うことになる。

その一方、アンバーはジョニーに対して反訴しており、3件のうち1件がアンバーの名誉を傷つけたと認められた。そのためジョニーに200万ドル(約2億6千万円)の賠償金支払い命令が下された。

ジョニーは弁護士による最終弁論後に極秘で渡英しており、現地時間5月30日には英ヨークシャー州で開催したジェフ・ベックのコンサートにサプライズ出演してファンを驚かせた。さらに翌日にも、ジェフのロンドンでのステージに飛び入り参加していた。

現在も英国に滞在中のジョニーは裁判での勝利を受け、自身のInstagramで声明文を発表した。

ジョニーは「6年前、私と子供達の人生、そして身近な人達の人生や何年も私を支えて信じてくれた人達の人生が、永遠に変わってしまった」と述べ、陪審員への感謝の意をこのように伝えた。

「そして6年後、陪審員が私の人生を取り戻してくれた。本当に恐れ多いことだ。」

英メディア『Daily Mail Online』によると、ジョニーの関係者は今回の渡英について「以前から仕事としてスケジュールに組まれていた」と話しているという。

裁判での勝利が決定した当日、ジョニーは英ニューキャッスルにあるパブでジェフ・ベックや歌手サム・フェンダーと一緒にいる姿が目撃されていた。同メディアが入手した写真では、ジョニーがファンと握手する様子などが捉えられている。

一方のアンバーは黒いドレスを着て出廷しており、評決が読み上げられたあとには弁護士と固いハグをし、法廷を後にしたという。

画像2、3枚目は『Johnny Depp 2022年6月2日付Instagram』『Law&Crime Network 2022年6月2日付Twitter』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。