キンコン西野『えんとつ町のプペル』の「いつまでやっとんねん」という批判に違和感「説明が足りなかったのかも」

劇場版アニメ『映画 えんとつ町のプペル』(2020年12月25日公開)は観客動員数170万人を超える大ヒットとなり、第44回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞した。さらに昨年10月にはハロウィン限定上映を行い、その後も各地で特別上映を計画している。しかし製作総指揮・原作・脚本を担当した西野亮廣(キングコング)によると「いつまでやっとんねん」という声も聞かれるらしい。西野はそうした批判に対して「僕の説明が足りなかったのかもしれない」と受け止め、壮大な構想やそのためにこだわる「サプライズ禁止」の真意を語った。

YouTubeチャンネル「西野亮廣エンタメ研究所ラジオ【公式】」にて5月30日公開した『人口が減ってるのに「リピーター獲得」の意識が低くないっすか?』で「最近、少し“ん?”と思うことがあって」と疑問を投げかけた西野亮廣。そもそも『えんとつ町のプペル』に対して「いつまでやっとんねん」と訴えることは西野たちチームの思惑と一致する部分があり、“批判”とは言い切れないだけに違和感を覚えたそうだ。

西野亮廣は梶原雄太と1999年にキングコングを結成すると、2001年に始まったバラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系、2012年9月終了)などで人気を博しながらもテレビ中心の活動に疑問を持ち、ひな壇番組に出演しなくなった。その頃にタモリから「お前は絵を描け」と勧められたという。2016年6月に「お笑い芸人を引退して絵本作家に転職する」と宣言した時は、絵本『えんとつ町のプペル』の出版を10月に控えていた。このほど配信した動画で『えんとつ町のプペル』関連の制作について「10年ほどやっているが全然終わらない」と話しており、当初から目標をずっと追い続けていることがうかがわれた。

本来はニューヨーク・ブロードウェイでのロングランを前提にしているため数か月で終わるような作品では通用せず、まさに“いつまでやっとんねん”という状況こそ理想らしい。西野がそのため『えんとつ町のプペル』のスタッフたちに言い聞かせているのが「サプライズ禁止」だった。「衝撃の展開」と打ち出すようなサプライズは「1回目が一番おもしろい」ので、リピートして観てもらうには向いていないという。

6月にはブロードウェイで台本を手にして演劇をするお披露目的な「リーディング公演」が行われる予定で、西野亮廣たちチームが目標とする「エンタメで世界をとる」に向けてまた一歩近づきそうである。

画像2枚目は『【公式】『映画 えんとつ町のプペル』Blu-ray&DVD発売中 2021年10月31日付Twitter「舞台挨拶の残り時間は…あと5分」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ