『映画ざんねんないきもの事典』玄田哲章・榎木淳弥・沢城みゆきら超豪華キャスト決定!

2022年7⽉8⽇(⾦)より全国劇場公開となる『映画ざんねんないきもの事典』のオーストラリア編「リロイのホームツリー」に、⽞⽥哲章、榎⽊淳弥、松岡禎丞、⼩松未可⼦、⽇髙のり⼦、⽇本編「はちあわせの森」に沢城みゆき、釘宮理恵、佐藤利奈の出演が決定! さらに花江夏樹、内⽥真礼、下野紘からはコメントも到着した。

シリーズ累計470 万部突破の⼤ヒットを記録し、その勢いがとどまることのない人気児童書シリーズ『ざんねんないきもの事典』(⾼橋書店)が2022年7月にアニメーション映画化される。
「ざんねんないきもの」とは、いきものに少しでも興味と愛情を持ってもらえるように、あえて ”ざんねん” という⾔葉を使って、これまでの本ではあまり語られてこなかったいきものの ”意外な⼀⾯” を紹介している⼤人気児童書シリーズ。
『映画ざんねんないきもの事典』は、オーストラリア・南極・⽇本(⻑野県安曇野)の3カ所を舞台に、3つのオリジナルストーリーでお届けする。

このたび、本作のキャスト陣が決定、発表された。
オーストラリア編「リロイのホームツリー」で主人公コアラのリロイを演じるのは花江夏樹さん。また、⼀緒に冒険をする仲間には⽞⽥哲章、松岡禎丞、⼩松未可⼦、リロイたちに襲いかかるジェイソン役には榎⽊淳弥が決定。そしてリロイのママに⽇髙のり⼦の出演も決定した。
さらに ”ざんねんトリオ” として、椿⻤奴、トレンディエンジェル斎藤司、ミキ昴⽣が出演し、物語を盛り上げてくれる。

⽇本編「はちあわせの森」の主人公・ウサオ役には内⽥真礼、ウサギ崎先輩を下野紘が演じることが決定。
そして今回、ツキノワグマの⽉⼦役に沢城みゆき、ウサオのお⺟さんに釘宮理恵、⽉⼦のお⺟さんに佐藤利奈の出演が発表された。
また、ナレーションは「リロイのホームツリー」にも出演する⽞⽥哲章が担当する。

南極編「ペンたび」は、監督、脚本をつとめるウチヤマユウジがすべての声を担当。
豪華キャストが集結したそれぞれのエピソードをナビゲートするモグラの親⼦は、ムロツヨシ、伊藤沙莉が演じる。

「リロイのホームツリー」の監督は『ピングー in ザ・シティ』やTVアニメ『おばけずかん』のイワタナオミ、脚本は『妖怪ウォッチ』『宇宙兄弟』などの加藤陽一。
「ペンたび」の監督と脚本は、アニメ『ざんねんないきもの事典』(演出)や『紙兎ロペ』(原作・監督)のウチヤマユウジが担当する。
そして、「はちあわせの森」は、監督を『リョーマ!The Prince of Tennis 新⽣劇場版テニスの王⼦様』のアニメーションディレクター、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』協⼒ディレクターの由水桂、脚本をアニメ『⼤家さんと僕』などの脚本を手掛ける⼤人計画所属・細川徹が担当する。
個性的で ”ざんねん” ないきものたちが、それぞれの監督、脚本によって描き出される。

また、主題歌は秦基博さんが本作のために書き下ろしした新曲『サイダー』。登場人物や映画を観ているすべての人にエールを 贈る清涼感あふれるナンバーとなっている。

そして花江夏樹、内⽥真礼、下野 紘からはコメントも到着!
花江夏樹は「今まで知らなかったいきもの達のかわいらしく、力強く、どこか面白い、生き抜く力……観ている皆にも勇気を与えてくれる、そんな物語です」と作品の見所を語り、内田真礼は「収録していて、とても楽しかったです。……ですが、ウサギの ”ざんねん” な部分を⾒るというのはドキドキするものですね……!?」と、いきもの達の ”ざんねん” さにドキドキの様子。
そして下野紘は「コミカルさもあり、友情や感動もあり、そんな素敵なストーリーを全⼒で演じました」と、熱の入った演技に期待を感じさせるコメントを送っている。

愛らしさといきものの不思議、ちょっと笑える ”ざんねん” が劇場版アニメーションとしてどんな展開を見せてくれるのか、『映画ざんねんないきもの事典』の公開が待ち遠しい。

☆『映画ざんねんないきもの事典』作品・キャスト関連画像をみる(写真2点)>>>

(C)2022「映画ざんねんないきもの事典」製作委員会 (C)TAKAHASHI SHOTEN

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ