“小野忠”鈴木伸之と“山瀬くん”高橋文哉がキス!? オリジナルドラマ『悪男(わる)』無料配信

クランクイン!

 ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系/毎週水曜22時)のオリジナルドラマで、俳優の鈴木伸之と高橋文哉が出演する「悪男(わる)~恋する男がカッコ悪いなんて誰が言った?~」が、TVerにて6月1日の地上波本編・第8話放送終了後より無料配信される。日本テレビのGP帯ドラマが、TVerでオリジナルドラマを配信するのは初の試み。

『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、深見じゅんによる同名漫画を30年ぶりに再びドラマ化したラブ・ジョブ・エンターテインメント。本編放送後に配信される『悪男(わる)~恋する男がカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、それぞれの話を受けたサイドストーリーとなっている。

ドラマは全3話(第8.5話、第9.5話、第10.5話)。巨大IT企業「オウミ」で企画開発部に勤務するエリート社員・小野忠(鈴木伸之)と、お掃除バイトから新入社員に華麗に転身した山瀬くん(高橋文哉)が登場する。

当初は、田中麻理鈴(今田美桜)と犬猿の仲だった小野忠だが、気がつけばすっかり麻理鈴のことが気になってしょうがない。かたや、麻理鈴の憧れの人、T・Oさんは小野忠だと思い込み、小野を勝手にライバルだと思っていた山瀬くん。その誤解は解けたものの、同じ人を好きになってしまったことを知る2人。しかも、好きな相手(麻理鈴)には好きな人がいることも知っている。そんな切ない2人の「悪男(わる)」が繰り広げる男同士の恋バナの裏側とは。そして、なぜこの悪男(わる)が、備品管理室でキスをしようとしているのか…?

TVerオリジナル「悪男(わる)~恋する男がカッコ悪いなんて誰が言った?~」は、TVerにて6月1日23時より配信スタート。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ