ジョニー・デップ×フォレスト・ウィテカー共演、2パックとノトーリアス・B.I.G.の未解決事件を映画化

クランクイン!

 俳優ジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが共演する映画『CITY OF LIES』(原題)が、邦題を『L.A.コールドケース』として8月5日より日本公開されることが決まった。

本作は、1990年代ヒップホップ・シーンを代表するラッパー“2パック”と“ノトーリアス・B.I.G.”が暗殺された未解決事件を題材に、実話に基づき映画化したクライム・サスペンス。

90年代に米音楽界を激震させた“2パック”と“ノトーリアス・B.I.G.”の射殺事件。伝説的な2人のラッパーの死はさまざまな憶測を巻き起こし、対立する所属レーベル同士の報復合戦が招いた悲劇ともうわさされたが、現在に至るまで犯人は特定されず、真相はいまだに深い闇に包まれている。本作は、この米史上最も「悪名高い(ノトーリアス)」と称される未解決事件の謎に肉薄し、底知れない巨大な闇を鋭くえぐり出す。

実在した主人公の元刑事ラッセル・プールを演じるのはジョニー・デップ。彼と共に事件解明に奔走する記者のジャックにはフォレスト・ウィテカー。監督は『リンカーン弁護士』(2011)や『ランナーランナー』(2013)などの鬼才ブラッド・ファーマン。米作家のランドール・サリヴァンがぼう大なリサーチと綿密な取材に基づき2002年に出版したノンフィクションを土台に映画化した。

1997年3月。全米に衝撃を与えたノトーリアス・B.I.G.の暗殺事件がぼっ発。その担当刑事だった元ロサンゼルス市警のラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、事件から18年が経過した今も、未解決事件の真相を追い続けていた。ある日、彼のもとを、事件の謎を独自に探っていた記者ジャック(フォレスト・ウィテカー)が訪れる。プールとジャックは手を組み、複雑に絡む事件の真相に迫るが…。

映画『L.A.コールドケース』は、8月5日よりヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほかにて公開。 

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ