鶏胸肉レシピ【7】レンチンでOK!「鶏胸肉の大葉梅和え」

イエモネ

【毎週土曜12:00配信】近年、再び注目されている鶏胸肉。アレンジ次第でさっぱり系からご飯に合う一品まで、そのレシピのバリエーションは豊富。基本のゆで鶏から鶏胸チャーシューまで、気になる一品を連載でお届けします。これを機会に鶏胸肉レシピのレパートリーを増やしてみませんか? 第6回目は、電子レンジを使って時短で仕上げる「鶏胸肉の大葉梅和え」をご紹介します。鶏胸肉を電子レンジで火入れするのは、少々コツが必要。コツをおさえて、しっとりおいしく仕上げましょう。あとは刻んだ大葉や梅と和えるだけで、酸味と風味のバランスがよいひと品のできあがり!



>>>鶏胸肉レシピ【6】作り置きに最適!「鶏胸肉の南蛮漬け」

「鶏胸肉の大葉梅和え」のレシピ



暑い日には冷たいビールと「鶏胸肉の大葉梅和え」がおすすめ!

鶏胸肉は電子レンジで時短調理。梅をたたいてからみりんと合わせるひと手間で、酸っぱいけれどクセになるおいしい梅だれができあがります。最後にささっと大葉を加えて、さっぱりと香り豊かに仕上げましょう。

おかずというより、“ザ・おつまみ”なひと品なので、日々の晩酌のお供にぜひ。

材料(2人分)



<材料>

鶏胸肉……1枚(約300g)酒……大さじ2杯塩……小さじ1/2杯大葉……5~6枚

<梅だれ>

梅干し……1個みりん……大さじ1杯

作り方



1. 大葉は洗って水気をふき、軸の部分を切ります。重ねてクルクルと丸めて千切りにします。



2. 梅干しは種を取り、梅肉をたたいておきます。



3. 耐熱ボウルにたたいた梅肉とみりんを入れたらふわっとラップをかけ、電子レンジ600Wで1分ほど加熱します。

4. 電子レンジから取り出し、粗熱をとったら梅だれのできあがりです。

※加熱時間は目安です。



5. 鶏胸肉は皮と余分な脂肪を取り除き、火が入りやすいようにフォークで全体に穴を開けます。



6. 耐熱ボウルに下ごしらえをした鶏胸肉を入れ、酒と塩をもみ込みます。



7. 耐熱ボウルに6を入れ、ふわっとラップをかけたら、電子レンジ600Wで2分30秒加熱します。

8. 加熱した鶏胸肉をひっくり返し、再度電子レンジ600Wで2分30秒加熱します。

※加熱時間は目安です。鶏胸肉の厚さや大きさによって加熱時間が異なるので、適宜調整してください。



9. 竹串や金串を一番身の厚い部分に刺し、ピンクの汁が出ず、中まで火が通っていたらボウルから取り出します。

10. 鶏胸肉は粗熱を取り、棒状に切ります。



11. 綺麗なボウルに鶏胸肉・梅だれ・切った大葉の半量を入れて、菜箸でさっと混ぜます。



12. 仕上げに残りの大葉をかけたらできあがり。

そのままでもおいしい「鶏胸肉の大葉梅和え」ですが、仕上げの大葉を盛る前に、冷蔵庫で冷やしてから食べるのもあり。しっとり鶏胸肉と梅だれの酸味がたまりません。食欲のない日や暑い日にも食べられるさっぱりレシピは、これからの季節に重宝しますよ。

こんなにおいしいのに時短かつ電子レンジ調理で作れるなんて……夢のおつまみ完成です。

[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]

>>>チャミスル新フレーバー「ピーチ」登場!話題の紅茶割りにもぴったり

>>>【東京のおいしいパン屋ルポ】お料理パンで話題!「flour+water」人気パンランキング

>>>韓国コンビニ限定の激レア商品「オモリキムチチゲラーメン」【韓国ラーメン実食ルポ】

当記事はイエモネの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ