芦田愛菜、医学部進学が内定?!実は高学歴な女性7選

女子SPA!

現在、都内の超名門私立女子高に通う芦田愛菜が、めちゃくちゃ頭がいいと話題です。

一部報道によると系列大学の医学部進学もささやかれるほどに成績優秀で、学内でトップクラスをキープしているんだとか。というわけで、高学歴&秀才の女優、タレントをまとめてみました。

◆①菊川怜 桜蔭中・高→東京大学工学部建築学科

2012年からおよそ5年間『とくダネ』(フジテレビ 1999-2021)で小倉智昭との絶妙な掛け合いを繰り広げてきた菊川怜。ときにはボケキャラとして笑いを取ってきましたが、とんでもない学歴の持ち主です。

中学、高校は女子校の超名門、あの桜蔭学園。東大理科一類の他に、慶應医学部、早稲田理工学部にも合格。まさに芸能界ナンバーワンの受験エリート。でもクイズ番組ではすぐに正解を言ってしまい、テレビ的につまらないと出川哲朗にバラされていました。

『とくダネ』降板以降は、「ハズキルーペ」のCMでも話題を呼びました。現在は第一線から退いてはいますが、いつか出川さんの助言を踏まえて、ふところの深いインテリキャラで活躍してほしい!

◆②松尾依里佳 京都大学経済学部

現在、『ひるおび!』(TBS)のコメンテーターとして出演する松尾依里佳。

本業のヴァイオリニストに加え、『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日)など、多くのクイズ番組でも活躍しています。京大卒とかヴァイオリニストだとかを強調しない立ち位置から、ほんわかと品のいいコメントで和ませてくれます。

◆③宮崎美子 熊本大学法学部

一昨年、芸能生活40周年記念の水着カレンダーが売れまくった宮崎美子。県立熊本高校から熊本大学法学部進学という経歴を持つ、元祖インテリタレントです。

お勉強だけじゃない回転のよさで、様々な情報、報道番組で活躍。特に池上彰の特番では欠かせない存在になっています。

いつまでもイキイキと人生をエンジョイしている感じも魅力的です。

◆④トラウデン直美 慶應義塾大学法学部

ドイツ人の父が京都大学でドイツ文学を教えていることでも話題になったトラウデン直美。若者世代代表として、ニュース番組などで積極的に発言しています。

冷静な語り口とは裏腹に、ときにその言動が批判の対象になることも。ゴミ屋敷掃除の体験取材では、あまりの“汚部屋”ぶりから露骨に不機嫌になってしまい、同行した業者からたしなめられる場面がありました。

また環境意識への高さから、ショップ店員に「環境に配慮した商品ですか?」とたずねると明かしたときにも、ネット上では“面倒くさい客”と叩かれてしまいました。

まだ23歳と若いトラウデンさん。表現の仕方をちょっと変えれば、共感してくれる人も増えるはず。

◆⑤市川紗椰 コロンビア大 → 早稲田大学政治経済学部

いまや『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)の常連の市川紗椰。相撲、鉄道、アニメや音楽などのサブカルチャーなど多方面に造詣が深く、守備範囲の広いコメント力が光ります。

センスがよすぎてバカなことを言えないのが玉にキズかも!?

◆⑥オアシズ大久保佳代子 千葉大学文学部

光浦靖子とのお笑いコンビ「オアシズ」から、OL生活を経て、再び芸能界でブレイクした大久保佳代子。カナダに留学中の光浦靖子は、東京外国語大学卒業で、コンビ揃って国立大学出身です。

バラエティ番組でのいとうあさことの絶妙なトークに、『ゴゴスマ』(TBS)での神妙な面持ちから発するシリアスなコメントと、幅広い芸風で、いまやテレビになくてはならない存在に。

学歴以上に、地に足のつきまくった安定感が視聴者をホッとさせているのかもしれません。

◆⑦ラランド サーヤ 上智大学外国語学部

広告代理店に勤務しながら活動する芸人として話題のサーヤ。最近では個人で事務所を設立するなど、さらに飛躍を遂げています。

“銀行員や商社マンと遊んでる”アピールや、体を張る女芸人が時代遅れだと発言したことで炎上したこともありますが、なんだかんだ華があって気になる存在なのは間違いないようです。

また彼女の歌を聞いた武田鉄矢から、女優としての才能も認められるなど、今後の活躍が期待されます。

それが全てではないと言いつつ、今後ますます学歴がモノを言いそうな芸能界。はたして芦田愛菜は“リアル博士ちゃん”になれるのか?あたたかく見守りましょう。

<文/沢渡風太>

【沢渡風太】

『女子SPA』『日刊SPA』で芸能記事を執筆するTVウォッチャー。日本亭のCMが狂おしいほど好き。Twitter⇒@hootersawatari

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ