鳥海浩輔、鈴木拡樹主演舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』に声の出演 シリーズ4作の一挙上映も

dwango.jp news


鈴木拡樹主演舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』に、鳥海浩輔が声で出演することが決定した。



東映株式会社と東映ビデオ株式会社が立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の第二弾として制作された『死神遣いの事件帖』の待望の続編となる新作、舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚(ゆうめいきたん)-』(2022年6月上演)&映画『死神遣いの事件帖 -月花奇譚(げっかきたん)-』(2022年冬公開)。

その舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』に、TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のグイード・ミスタの声や、「刀剣乱舞」シリーズで三日月宗近の声などを演じる鳥海浩輔の<声での出演>が決定した。


また舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』の20秒予告も解禁となった。鈴木拡樹演じる主人公の幻士郎は、小林亮太演じる死神の亞門と共に歌舞伎一座で起きた殺人事件の真相を探るが、この事件は幻士郎の生い立ちにも関わる話だった。映画『死神遣いの事件帖 -月花奇譚-』の映像も織り交ぜ、幻士郎と亞門のコンビが舞台で大暴れすることを期待させる。

5月27日(金)にニコニコ生放送で配信された【舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』開幕直前特番】では、作品出演キャストの鈴木拡樹、小林亮太、廣瀬智紀、そして脚本・演出の毛利亘宏が生出演し、本作の魅力についてたっぷりと語った。



尚この番組では、6月4日(土)から6月8日(水)の5日間にわたって、【東映ムビ×ステ】シリーズの第一弾より、映画『GOZEN-純恋の剣-』、舞台『GOZEN-狂乱の剣-』。第二弾より、映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』、舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』の全4作品を5月27日(金)放送の特番再放送とあわせて、一挙上映することが発表された。

2019年から始まった【東映ムビ×ステ】シリーズ。映画館、劇場、配信で以前より作品を楽しんだ方はもちろん、初めて作品をご覧になる方も、舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』が開幕する6月9日(木)の前に、作品にふれて楽しんでみてはいかがだろうか。

■舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』
6月9日(木)~19日(日)東京・ヒューリックホール東京
6月23日(木)~26日(日)大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原案:須藤泰司
脚本・演出 :毛利亘宏(少年社中)

出演 :
鈴木拡樹 小林亮太
廣瀬智紀 安西慎太郎 稲垣成弥 飯山裕太 山川ありそ 北村健人 
清水宏 / 神尾佑 / 凰稀かなめ
(声の出演)鳥海浩輔

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ