BTS、米ビルボード「グローバル」チャートと「ワールド」チャートで根強い人気!

UtaTen

BTS アーティスト写真

米ビルボード「グローバル」と「ワールド」チャートで根強い人気!


BTSが米国ビルボードチャートで着実に人気を集めている。

24日(現地時間)、米音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャート(5月28日)によると、BTSは「ビルボードグローバル200」、「ビルボードグローバル(米国を除く)」、「トップアルバムセールス」、「ワールドアルバム」、「ワールドデジタルソングセールス」など、さまざまなチャートに名を連ねた。

「ビルボードグローバル200」チャートで「Butter」が90位、 コールドプレイとの協業曲「My Universe」が100位、「Dynamite」が103位を記録し、「ビルボードグローバル(米国を除く)」チャートでは「Butter」が61位、「My Universe」が69位、「Dynamite」が72位、「Permission to Dance」が145位にチャートインした。

「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」は、世界200以上の国/地域のストリーミングと販売枚数を集計し順位をつけるチャートで、世界的な人気を計る尺度となる。

BTSのアルバムも根強い人気を誇示した。

2017年9月に発売された『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』は「ワールドアルバム」3位と「トップアルバムセールス」24位を記録し、2020年2月に発売された『MAP OF THE SOUL : 7』は「ワールドアルバム」4位、2020年11月に発売された『BE』は「ワールドアルバム」6位を占めた。

2018年5月に発売された『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』は「ワールドアルバム」7位、「トップアルバムセールス」84位にランクインし、2018年8月に発売された『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』は「ワールドアルバム」12位に、2014年2月発売された『Skool Luv Affair』は「ワールドアルバム」14位に名を連ねた。

一方、先月発売されたBTSのSUGAとPSYのコラボ曲「That That」は「ビルボードグローバル200」66位、「ビルボードグローバル(米国を除く)」28位、「ワールドデジタルソングセールス」4位を占めた。

Photo by BIGHIT MUSIC

当記事はUtaTenの提供記事です。