「現代で働く成人女性」がヒロインのオフィスラブ恋愛シミュレーション『SympathyKiss』のティザーサイトが公開。同僚やイケおじ、さらにはヒモも登場

numan


ともに働く個性豊かな同僚やバーのマスターのイケおじ、タトゥーとピアスが危ない香りを漂わせるヒモも登場。リアリティのある舞台で、プレイヤーがより没入感のある恋愛体験を楽しめます。
 アイディアファクトリーは5月27日(金)、同社の女性向けゲームブランド「オトメイト」において、最新作となるNintendo Switch向け恋愛シミュレーション『SympathyKiss』のティザーサイトを公開しました。シンキス-01

シンキス-01

 本作では、アプリ開発会社に務める「現代で働く成人女性」をヒロイン、テーマを「オフィスラブ」とすることで、プレイヤーがより没入感のある恋愛体験をすることが可能です。ディレクターは青木ひろえ氏、原画は藤理ト氏が手がけています。

主人公は配属されたサービス終了目前のアプリ制作部に配属され、人事異動にて新しい仕事とともに新しい恋を始めることとなります。

Nintendo Switch「SympathyKiss」 ティザームービー

via www.youtube.com あわせて公開されたトレイラーでは、本作に登場する個性豊かなキャラクターが登場。
変わり者ヒットメーカー × 距離感バカ
五月女 光基(さおとめ みつき)

年上後輩 × シニカルさとり世代
湊 康平(みなと こうへい)

鬼上司 × 不器用ツンデレ
虎走 要司(こばせ ようじ)

未来のプレジデント × 完璧プリンス
吉岡 緑郎(よしおか ろくろう)

ヒモ × カシミア男子
多井中 法(たいなか のり)

頼れるバーのマスター × イケおじ
碓井 修也(うすい しゅうや)シンキス-02

シンキス-02

 それぞれ魅力的な属性を持っているほか、配属されたチームの同僚だけではないさまざまなキャラクターが登場するようです。

なお、キャスト情報などの詳細は6月20日(月)発売の「B’s-LOG 8月号」にて最速で公開予定とのことです。

本作は2022年、Nintendo SwitchおよびNintendo Switch Lite向けに発売予定です。 リリース全文は以下のとおり。オトメイト新作『SympathyKiss』ティザーサイト公開!シンキス-01

シンキス-01

アイディアファクトリー株式会社(代表取締役社長:佐藤 嘉晃/所在地:東京都豊島区)の女性向けゲームブランド「オトメイト」は、新作「SympathyKiss」のティザーサイトを本日公開しました。

ドラマのような恋を、貴女に――

本作は、コンシューマの乙女ゲームではあまり扱われることのなかった「オフィスラブ」がテーマ。
「現代で働く成人女性」をヒロインとし、ターゲット層である20~30代の女性ユーザーと
立場を限りなく近づけることで、より没入感のある恋愛体験をしていただけます。
ディレクター「青木ひろえ」×原画「藤理ト」のタッグでお送りする完全新作!
刺激的なシチュエーションたっぷりの大人の恋愛模様を描きます。

サイト上ではティザームービーも公開されています。ぜひご覧ください。
Nintendo Switch「SympathyKiss」 ティザームービー URL:
https://youtu.be/MRDzJsDdm8c (2212)シンキス-03 (2211)シンキス-04 (2214)シンキス-05 (2213)シンキス-06キャスト情報などの詳細は、2022年6月20日発売「B’s-LOG 8月号」にて最速で公開予定です。どうぞお楽しみに。

その他、今後の最新情報につきましては、公式サイトならびに公式Twitterにて順次お知らせいたします。引き続き、「SympathyKiss」を何卒よろしくお願いいたします。

【商品概要】
タイトル: SympathyKiss(シンパシーキス)
キャッチコピー: ドラマのような恋を、貴女に――
対応機種: Nintendo Switch/Nintendo Switch Lite
ジャンル: オトナ女子に捧ぐドラマティカルラブADV
CERO: 審査予定
プレイ人数: 1人
ティザーサイトURL: https://www.otomate.jp/sympathykiss/
公式Twitter: https://twitter.com/SK_otomate
twitterハッシュタグ: #シンキス #乙女Switch
発売元: アイディアファクトリー
権利表記: (C) 2022 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY
※内容は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です

当記事はnumanの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ