有吉弘行は賛成も…東京ディズニーの課金システムに「夢がない」

まいじつ

有吉弘行 
有吉弘行 (C)まいじつ 

夢の国でお馴染みの『東京ディズニーリゾート』で、5月19日から始まった新サービス「ディズニー・プレミアアクセス」に関して芸人・有吉弘行が持論を述べ、ネット上で話題を集めているようだ。

「ディズニー・プレミアアクセス」は、2000円の追加料金を支払うことで、対象となるアトラクションの待ち時間を短縮できる新しいサービスのこと。

高額な有料サービスだけあって、発表から早くも意見が真っ二つに割れていた。5月22日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)でも、このサービスについて取り上げることに。

番組内で有吉は、サービスの対象となっている『東京ディズニーランド』の人気アトラクション「美女と野獣〝魔法のものがたり〟」に乗ったことを振り返る。アトラクションの魅力を思い出し、「2000円払っても乗りたいな、また」と回想。さらに「払う人いっぱいいるだろうね、当然ね。だって便利だもんな」とサービスについて肯定していた。

関西の〝金儲けパーク〟と同レベル?


しかし、もともと賛否の多いサービスだったため、肯定派の有吉に違和感を覚える人も。有吉の意見に賛同する人はもちろんいたが、ネット上では、

《たしかに乗りたいって人は沢山いるでしょうけど、パスポートの値段もう少し上げてもいいから、せめて人数制限してほしい》
《お金ある人からしたら費用はそんなに負担に感じないだろうけど、家族とかで行く場合の家計への負担が大きい》
《4人家族で行くといきなり8000円なので、そんなに気軽に使えるわけではない設定ですよ》
《お金を出す人は出さない人より、多くアトラクションが楽しめますってやり方は夢の国としては夢がないような気がする》
《メリットばかりに目が向けられているが、払わない人のデメリットが触れられていないのは不思議。従来のお金で入場している人は、今までより余計に待たされるわけでたまったものではない》

などといった否定的な声も続出している。

「有吉のようにお金持ちであれば、2000円など屁でもないでしょうが、一般人からしたら痛い出費。そのため芸能人の意見は、聴取者に響かなかったのかもしれません。コロナ過で売り上げが落ちたとはいえ、お金で時間を買うサービスは大衆向けではない模様。早く乗り物に乗れるチケットを法外な金額で売る『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』との差別化がなくなり、『ディズニー』も落ちるところまで落ちたようですね」(芸能ライター)

『ディズニー』はこのまま、金持ちだけの夢の国になるのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ