【人気急上昇】DODがリンネルとコラボ!非売品グッズが付録になって4種登場!6/20発売

めるも編集部

宝島社の人気ファッション誌『リンネル』8月号が、現在人気急上昇のアウトドアブランド「DOD」とコラボ。4パターンのコラボアイテムが付録として登場します。

雑誌発売は6月20日ですが、それに先駆けて宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」では先行予約をスタートしています。

それでは早速、気になる付録の内容についてチェックしてみましょう。

「DOD」×「リンネル」コラボ

8月号で「リンネル」とコラボする「DOD」は子どものような遊び心、ちょっぴりクレイジー、そしてユニークさ溢れるアウトドアブランドです。

『リンネル』2022年6月発売号4誌をまとめてチェックしたい場合は、こちらをご覧ください。
https://tkj.jp/goods/list?q=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB+DOD&searchbox=pc_header&device=pc

アイテムラインナップ

ランチトート&小銭も入るパスケースが付録!『リンネル』2022年8月号

使い勝手のよいトート&小銭入れにもなるパスケースが付録です。緑×白のさわやかなカラーリングが魅力。

型押しされたレザー調のロゴタグが高級感を演出しています。Dカン付きのため、パスケースを取り付けることも可能。

マチが広いため、マグボトルや本も余裕で入ります。

小銭入れにもなるパスケース。

DOD ランチトート&パスケースつき『リンネル』2022年8月号の予約購入:
https://store.tkj.jp/shopdetail/000000014429/

折りたたみコンテナボックスが付録!『リンネル』2022年8月号増刊&8月号宝島チャンネル限定号(1)

※折りたたみコンテナボックス(ベージュ)1点つきの増刊=宝島チャンネル、セブンネットショッピングで販売
※折りたたみコンテナボックス(ベージュ・カーキ)2点セットつきの宝島チャンネル限定号(1)=宝島チャンネル限定発売

ハンドル付きでお洒落なコンテナボックス。

アウトドアで使用するのはもちろん、インテリアBOXとしても。

スタッキング可能です。

折りたたむと約4cmの高さになるため、使わないときの収納もかさばりません。

カーキ色単体での販売はないため、ご注意ください。※カーキは宝島チャンネル限定号(1)だけの付録です。

DOD 折りたたみコンテナボックス(ベージュ1点)つき『リンネル』2022年8月号増刊の予約購入:
https://tkj.jp/book/?cd=TD080825&p_bn=yoyaku

DOD 折りたたみコンテナボックス(ベージュ・カーキ2個セット)つき『リンネル』2022年8月号宝島チャンネル限定号(1)の予約購入:
https://tkj.jp/book/?cd=TD850824&p_bn=yoyaku

窓から覗くうさぎが可愛いおうちテント型ポーチが付録!『リンネル』2022年8月号宝島チャンネル限定号(2)

まるで本物のテントのような完成度のポーチ。ハンドル付きのため、ベビーカーなどにかけて子どものグッズを入れるのにもおすすめです。

窓からちょこんと覗くうさぎがキュート。

 

コンパクトサイズながらも収納力大!天井部分が開閉し、高さがあるためシエラカップもすっぽり収まります。

 

宝島チャンネル購入者限定!ノベルティ巾着ポーチ

宝島チャンネルでの購入に限り、先着順で巾着ポーチのプレゼント付き。各号の付録と同じカラーになっているため、おそろいで持つと可愛さもアップ!

宝島チャンネル限定ノベルティ。ブルー、カーキは準備数に達したため終了しています。

8月号増刊につくベージュ、8月号宝島チャンネル限定号(2)につくブラウンは配布中です。準備数に達し次第終了するためご了承願います。

各size(約):H18×W24×D10.5cm

※ノベルティは購入1冊につき、1つプレゼント。
※キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があります。
※準備数に達し次第、終了となります。
※ノベルティの交換はできません。

※ご使用のパソコンのモニターやスマートフォンの画面によっては、商品の色合いが、画面表示上のものと現物で異なる場合があります。
※文中のサイズは編集部調べです。
※付録の内容は変更になる場合があります。
※付録の名称、色み、デザイン、サイズは変更になる場合があります。
※紹介したアイテム以外は付録に含まれません。
※発売日は変更になる場合があります。

【出典】
企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001456.000005069.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/