ジャンポケ斉藤、見取り図の友情秘話に「芸人として恥ずかしい」【見取り図じゃん】

5月24日放送『見取り図じゃん』(テレビ朝日系列)のゲストはジャングルポケット斉藤。同期の仲良し3人がエモいトークを繰り広げる。
見取り図・盛山にあるエピソードを暴露された斉藤が「芸人として恥ずかしい!」と照れまくる場面も!?

『ビーチボーイズ』になりきって熱いトークを…!

番組では前回に続き、盛山の大好きなドラマ『ビーチボーイズ』のシチュエーションを完全に再現。車を押しながら海岸線を歩き、熱いトークを繰り広げる見取り図の2人。
盛山は道路脇にたたずむジャンポケ斉藤を見つけて「押すの手伝ってくれへん」と声をかける。斉藤は『ビーチボーイズ』の主題歌『Forever』を朗々と歌い上げてトークに加わった。

「反町さん・竹野内さんになり切ると、普段は恥ずかしくてできない熱い話ができてしまう。『ビーチボーイズ』って偉大やな」と語る盛山。
しかし斉藤は「芸人が熱い話って、なんか恥ずかしくね?」と照れた。

「うれしい」の方が大きい

「僕らは同期なんですけど、渡辺直美とジャングルポケットはいち早くテレビに出ていた超エース!」と語る盛山。
斉藤は芝居がかった口調で「いやでも、ここにきて見取り図の勢いには正直驚かされているよ」と笑わせる。

見取り図の2人は「台本みたいなヤツやめろ!」とツッコんだ。

斉藤はあらためて「いや、ホントにうれしいよ。お前らが出てくれるのがホントにうれしくて…嫉妬とかないんだよ。“うれしい”の方が大きい」と語った。
盛山は「これガチで言ってくれてるんだと思う」と斉藤の優しさがあふれるエピソードを披露した。

恥ずかしいエピソードを暴露!?

2018年のM1予選を見に行った斉藤は「同期の見取り図の漫才が観客に受けているのがうれしくて泣いた」のだという。
斉藤は自身の行動を「スゲェ気持ち悪い」と照れながらも「その時の見取り図の笑いが、他コンビとちょっとレベルが違って…」と説明した。

さらに盛山に「ルミネかな…斉藤が来てくれて、僕らにお守りを買ってくれた。めちゃめちゃ優しいヤツなんですよ」と暴露されて「すごく恥ずかしい。芸人がやることじゃない!」と照れまくる斉藤。

見取り図と斉藤の友情が垣間見えるエピソードに、現場は優しい笑いに包まれていた。