宮迫博之、牛宮城がピンチに 「大丈夫じゃない」「助けてください…」

fumumu


宮迫博之

お笑い芸人・ユーチューバーの宮迫博之さんが25日、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』(登録者数138万人)を更新。

動画「【緊急】牛宮城から重大なご報告があります」内で、牛宮城の経営がある理由でピンチであることを明かし、店に関するある発表をしました。

■一部メニューの値上げを報告


今回、宮迫さんは『牛宮城』の共同経営者である本田大輝さんと登場、「正直あの現状のままではまずいんじゃないかというミーティング」を重ねた結果、一部メニューの値上げを報告します。

たとえば原価率が7割に及ぶ「極みタン塩」は、現状2200円のところが2800円まで値上げ。他に、「宮迫ハラミ」も3500円から3800円に値上と、1~3割程度の値上げになるようです。

【動画】宮迫博之、牛宮城がピンチに 「大丈夫じゃない」「助けてください…」

関連記事:DaiGo、宮迫博之「牛宮城」協力の森田シェフを忠告していた

■「半年で潰れるかもしれません…」


宮迫さんは、すでにリピート客が増えていることを明かしつつ、「なんとしてもお店として続けていきたいので今回の値上げに踏み切らせていただきます」と苦渋の決断に至った背景を説明。

動画終盤にも、「このままではホリエモンの予言通りに半年で潰れるかもしれません…」と宮迫さんが話し、本田さんが「いやいやいや」とツッコミを見せる一幕も。さすがに半年で潰れるということはない様子ですが、客からも「安すぎる」という声は出ているようで、「ちゃんと数字見たら全然大丈夫じゃなかった」と話しました。

■視聴者の反応は…


今回の動画に対し、コメント欄ではさまざまな反応が。

「慈善事業じゃないし、値段設定はお店の自由。安定的な長期経営を目指して下さい」「どこも値上げせざるをえなくなっているわけですし、健全な営業を続けるためには仕方ないと思います。がんばってください!」「長く繁盛していってほしいし、きちんと現状を見てお客さんだけじゃなくお店のための改善は必要だと思います! がんばってください」「適正価格で商売していただく事が生産者の方、市場を守る事に繋がると思います。これからも応援してます!」などの声が確認できます。

・合わせて読みたい→宮迫博之、牛宮城オープン日が3月1日に 家賃だけで1000万円以上が消える

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。