ベイマックスが“人助け”の冒険へ 新シリーズ『ベイマックス!』予告解禁

クランクイン!

 2014年に公開され大ヒットを記録したディズニー・アニメ映画『ベイマックス』の新シリーズで、計6エピソードからなるドラマシリーズ『ベイマックス!』が、6月29日よりディズニープラスで独占配信されることが決定。新予告編とキービジュアルが解禁された。

東京とサンフランシスコを融合した架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、亡き兄が遺した優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”と天才少年“ヒロ”が繰り広げるアドベンチャーを描くディズニー・アニメ『ベイマックス』。第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞、日本でも興行収入90億円を突破する大ヒットを記録した。

謎の事故で兄を失い、深い傷を負った天才少年ヒロの前に現れた、ケア・ロボットのベイマックス。実はこのロボットは、亡くなった兄が人々の心と体を守るために開発したものだった。ベイマックスは、瞳で心とカラダの健康状態をスキャンし、手はこすり合わせるとAEDに。1万通りの治療法がプログラミングされていて、傷ついた人のSOSをキャッチできる優れた能力を持つが、一方で戦闘意欲や能力はゼロ。新たなドラマシリーズでは、そんなベイマックスが街の“人助け”に挑む姿が描かれる。

新予告編では、ベイマックスがヒロの前から姿を消し、“お助けヒーロー”として街へ繰り出す姿が。あらゆる場所で人々のSOSを察知したベイマックスは、すぐさま駆け寄り助けようとするが、その純粋無垢すぎる気持ちが人々を困らせ空回りしてしまうことも。それでも一生懸命助けようとする愛くるしい姿をみせる一方で、サンフランソウキョウ全体を巻き込む大迫力のアクションも炸裂させる。果たしてヒロを守る存在だったベイマックスが、今度は街の“お助けヒーロー”としてどんな冒険を繰り広げてくれるのか。

キービジュアルは、ベイマックスがヒロたちに笑顔で囲まれる姿が描かれた、温かい雰囲気のビジュアルとなっている。

『ベイマックス』(2014)で監督を務め、本作にはクリエイターとして参加したドン・ホールは「ベイマックスが普通の人々と交流するディズニープラスのシリーズを作るのは楽しいと思ったんだ」と振り返る。エピソードごとに各監督陣が制作を担当した本作について「6つのエピソードのそれぞれで、ベイマックスは誰かを助けたいと思っていますが、多くの場合助けられたくないという人もいます。ベイマックスは自身で識別した、人々の身体的な問題を解決するべく動き出しますが、その過程でより深く、感情的になっていくベイマックスが、自分の役割において変化しながら対応できるようになります」と、ベイマックスが街の人々を助け彼らと関わっていく中で、彼自身もさまざまなことを学び成長していくと明かしている。

ドラマシリーズ『ベイマックス!』(6エピソード)は、6月29日16時よりディズニープラスで独占配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ