初対面で男性から嫌われる女性に共通する7パターン

みのり

初対面で男性から嫌われる女性に共通する7パターン



初対面で悪い印象になると、その後に挽回するのはかなり難しくなります。できれば1回目に出会った時に好印象を残したいもの。
そこで今回は、初対面で男性がNGと判断する女性の特徴についてまとめてみました。是非、参考にしてみて下さいね。

自分の話ばかりする


初対面でやたらと自分の話ばかりする女性は嫌われてしまいます。あなたが一方的に話したいという気持ちがあるのと同じように、相手もまた自分の話を聞いてもらいたいもの。だからこそ相手の意見を全く聞かないとなると、「自分にしか興味がないのかな」と思われ、印象は悪くなります。

また、自慢話や過去の武勇伝も他人からすると相手が「褒めなければ」と気を遣うので、あまりオススメしません。初対面の会話のコツはズバリ、相手の話に耳を傾けること。ただし、聞いているといっても相槌が短かかったり全くしない人、会話を広げる気持ちのない人は、かえって相手を不快にさせてしまいます。相手の話を聞きながら、自分の話を交えてみたり適度に聞き返すことがポイントです。

不満や愚痴ばかり


不満や愚痴ばかりの女性は、初対面で嫌われるパターンなので注意しましょう。男女共通で言えることですが、こういったネガティブなものは聞いていて良いものではありませんよね。

特にまだ相手のことをよく知らないうちからであればなおのこと、性格が悪いといった印象を与えることに…。「自分も影で言われるかもしれない…」と相手に思われると相手の警戒心は強まり、距離を縮めるどころか会話は続かないでしょう。

関係が深くない内は人や仕事の悪口などは避け、なるべくポジティブな話題を選んでみて下さい。例えば、最近あった面白い話や相手の良い部分を褒めるなど、初対面の男性が楽しくなるような会話が望ましいですよ。何を話すかも好印象を残すには大事なのです。

すぐ否定する


男性の意見や話をすぐに否定してしまっていませんか?確かに、意見が異なる場面はあるかもしれませんが、「それは違う」「いやだな」「でも」など、なんでもかんでも否定から入られると、初対面でも段々うんざりしていくもの…。「プライドが高い」「とっつきにくい」といった印象にも繋がります。
中には否定癖のある人もいますが、まだ相手の性格が分かりきっていないうちからだと嫌われる可能性が高いので、その癖は直した方が良いでしょう。

また、仕事面で指摘された時の対応も注意が必要です。普段の会話だけでなく、仕事で注意に対してまずは素直に聞き入れることも、職場での印象アップに繋がります。自分の非を認めて直す努力ができることが、人としての信頼度も上げてくれるのです。

言葉が汚い




初対面で嫌われる女性のパターンには、言葉遣いが汚いことも挙げられます。よく男性が使うような言葉を平気で使う女性はいますが、品のない言動こそ印象を悪くさせるので注意してください。

こうした言い回しは、たとえ外見が美人であっても、女友達止まりで恋愛対象として見られないことがほとんど。「ウザい!」「キモい!」「クソ」など、うっかり汚い言葉が出てしまうという方は、普段の言葉遣いから変えていくようにする必要がありますよ。女友達同士や同僚と話すときから、気を付けるようにしましょう。

また、基本的に初対面の相手に対しては、敬語で接するのが大人のマナーであり一番無難です。堅苦しくても徐々に崩していけばいいですからね。

マナーや思いやりがない


明らかなマナー違反や思いやりの欠如もまた、初対面では確実に嫌われてしまいます。例えば、食事をしている最中にスマホをいじったり、人から何かをしてもらった際に感謝の言葉が無いなど。些細なことに思えても男性は意外と見ているものですからね。会話では人の話をしっかりと聞き、何かしてもらったら「ありがとう!」と言うことは人として最低限のこと。

また、食事に行った際などは店員さんへの対応がやたらときつかったり、初対面なのに上から目線の言葉や態度が目立ってしまうようでは、すぐに見切られてしまいますよ。「男性が何でもする事が当たり前と思っているのかな」「人によって態度を変える人」といった悪印象に…。

見た目に気を遣っていない


初対面で好かれるためには、最低限の清潔感が必要です。逆に、「あまりにも外見に無頓着すぎる」「持ち物が汚い」場合は、話をしなくても「ないな…」と思われます。

ほかにも、あまりにもTPOに合っていなかったり、あまりにも女性らしさを感じさせない服装もまた、恋愛対象として見られない恐れがあります。基本的に男性は可愛らしい恰好を女性に求める傾向にあるもの。

もし、モテたい好印象を残したいのであれば、「スカートを履いてみる」「明るめの色を取り入れる」など、男性ウケを狙ったものを取り入れるのもオススメです。「自分が男性だったらどう思うか?」を客観的に見つめてみましょう。服装もですが、同時にメイクやダイエットでキレイになることも、有効的な手段の一つですよ。

人によって態度を変える、情緒不安定


人によって態度を変える女性は、男性のみならず誰からも好かれることはありません。例えば、職場などで好きな人と嫌いな人の線引きが激しくかったり、立場や人によってコロコロ態度を変える女性っていますよね。いくら鈍感な男性でも、二面性のある女性に対して気づかないことはありませんよ。

また、感情の浮き沈みが激しく、情緒不安定な女性も男性から恋愛対象外として見られてしまいます。笑った顔は好印象ですが、すぐに怒ったり泣いたりするような女性は「面倒だな…」「幼稚だな」といった印象に!

好かれるためにはまず、自分の感情を安定させ、誰でも対等に接することができる余裕を持つことが大事。そのためには、適度なリフレッシュによってストレスを解消するようにしましょう。

初対面で好印象を残すには…


初対面で好印象を残すためには、相手の意見や考え方を尊重し共感することです。人間ですから意見や価値観が違うのは当たり前ですが、それはそれとしてまずは、相手を認めることがコミュニケーションの基本。

否定ではなく「そうだよね」「そこは分かるよ」と肯定しながら、相手を理解しようと努力する様にしましょう。会話もつい色々話さなきゃと頑張りすぎてしまいますが、空気や雰囲気を察して相手の反応を見ながら進めていくことも大切。初対面であればなおのこと、自分が話すよりも相手の話を聞くことに注力すると良いですよ。

さらに、相手のことを気遣うのは当然ですが、周囲の人や店員といった立場の人への対応も、意外と見られているので気を付けるようにしましょう。

まとめ


男性から、「また会いたい」と思わせることで、今後の二人の進展は大きく変わってきます。なるべく好印象につなげるためには、会話や言葉遣い、マナーが出来ているかがポイントに!自分の話を一方的にするのではなく、相手の意見をよく聞き共感できていますか?会話では適度に相槌を打ち、都度相手の反応も見るようにしてください。

また、コミュニケーション能力の高さも大切ですが、一目見た時の印象も重要なので、ファッションや体型にも気を遣ってみて下さいね!

画像出典:istock

当記事はみのりの提供記事です。