【日向坂46】”神曲”おすすめカップリング曲3選

めるも編集部

日向坂46の楽曲といえば、「キュン」「ドレミソラシド」「ソンナコトナイヨ」といったキャッチーな楽曲が多いというイメージをもっているかもしれません。
一方で、日向坂46のカップリング曲には、様々なタイプの楽曲があります。

今回は、多くの人に知っていただきたいおすすめカップリング曲を3曲紹介させていただきます。

①ときめき草

1stシングル「キュン」のカップリング曲です。
儚い曲調の“ときめき草”は、表題曲に匹敵するほどのファンに大人気の楽曲となっています。
MVのサビ部分は、メンバー全員が揃い、前に歩きながらのダンスを披露しています。

また、メンバーごとに衣装が異なり、それぞれの個性が引き出されています。

②ホントの時間

3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」のカップリング曲です。
MVは、幕張メッセで撮影されており、ファンの間では馴染み深い場所での撮影になっています。
黄色の衣装が映えていて、サビの全員そろったダンスは、振り付けを真似したくなります。

また、イントロ、アウトロでの口笛が心地よく聞こえ、メンバーの”かわいい”が凝縮された楽曲となっています。

③青春の馬

4thシングル「ソンナコトナイヨ」のカップリング曲です。
坂道きっての応援ソングで、ドラマ「DASADA」の主題歌となっています。

ライブでは、定番曲となっており、盛り上がりを見せる楽曲です。
曲最後の歌詞からは「成功するためには、努力しなければならない。楽な道はない」と示されており、逃げずに前に進もうという気持ちにさせてくれる楽曲です。
頑張る人を後押ししてくれる歌詞で、応援ソングとして大人気となっています。

以上、日向坂46のおすすめカップリング曲を3曲紹介させていただきました。
このほかにも、カップリング曲は良曲揃いです。

この記事をきっかけに日向坂46のカップリング曲にも注目していただければ幸いです。

※個人の見解を含みます。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ