その肌トラブルこれのせいかも!?肌荒れにつながるNG習慣

E-TALENTBANK


マスクのこすれによる肌荒れやニキビ肌…。肌が荒れていると、鏡を見るたびに憂鬱な気分になってしまうものですよね。頑張ってケアをしているつもりでも、肌の状態がなかなか改善しなかったり、肌荒れを繰り返していたりする場合には、一度見直す必要があるかもしれません。今回は肌荒れにつながる、意外とやっているかも?なNG行動をお伝えします。当てはまったら控えて、健康的な肌を取り戻しましょう!

【関連記事】ポイントクレンジングするべき!?プチプラ商品比較してみた

■ゴシゴシ洗顔&クレンジング




メイクを落とそう。汚れよなくなれ~!と力を入れてグリグリと洗顔やクレンジングをしていませんか?洗顔やクレンジングは丁寧に時間をかけて行えばオフできるもの。摩擦は加えず、優しくお肌を扱ってあげてくださいね♪

■長時間パック




パックをしているからOKというわけではありません。パックが顔に乗っている時間は5分~7分がベスト。

10分以上などやっていると、パックの水分が乾いてしまいお肌も乾燥してしまいます。パックの水分がまだある状態で剥がしていきましょう!

■メイクツールを洗わない




毎日使っているブラシやスポンジ。ずっとそのまま使っていませんか?これは本当に肌荒れの原因に最も繋がるのです!毎日毎日お肌につけているツールは、日に日にバイ菌が増え続けます。

専用のクリーナーで清潔にしておきましょう。メイクの仕上がりも綺麗になって一石二鳥ですよ★

■角質ケアのやりすぎ




気になるから…と毎日のように毛穴ケアやピーリングなどを行うと、肌に刺激が加わりすぎて皮膚が薄くなり乾燥してしまったり、荒れやすくなってしまいます。週に1回など、地道なケアが大切。

いかがでしたか?美肌への近道は、焦らず欲張らず続けていくことが大切です♪トラブルレスのお肌を目指しましょう!

Text & Photo by RIE

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。