鈴井貴之、藤村忠寿、舟木健によるインタビューも放送 OOPARTS Vol.6『D-river』が6/12(日)テレビ初放送

SPICE



2022年2月に東京・サンシャイン劇場をはじめ、大阪・札幌で上演された舞台『TAKAYUKI SUZUI PROJECT OOPARTS vol.6 「Driver」(ドライバー)』が、6月12日(日)CS「衛星劇場」にてテレビ初放送される。

(C)CREATIVE OFFICE CUE
(C)CREATIVE OFFICE CUE

本公演は「水曜どうでしょう」の“ミスター”こと鈴井貴之によるプロジェクト「OOPARTS(オーパーツ)」の舞台作品第6弾で、人間とAIの共存をテーマにした物語。渡辺いっけい、温水洋一、田中要次、竹井亮介、大内厚雄、舟木健(NORD)、藤村忠寿、鈴井貴之といった個性豊かなキャストが集結した。

今回の放送では本編終了後に、鈴井貴之、藤村忠寿、舟木健によるインタビューも放送される。

あらすじ


<6/12TV初放送> TAKAYUKI SUZUI PROJECT OOPARTS vol 6 「D river」

何をするのかも分からず、約束されたのは高額な報酬だけ。指示があるまま用意された自動車に乗るも、一人はペーパードライバー、一人は免停中、もう一人は免許すら持っていない。ただその車は最新の自動運転装置を備え、目を瞑っても運転できるという。その目的も、目的地もわからないまま、三人の懐疑心を乗せ車は発進する。さらに「ドライバーが最新の人工知能を搭載したロボットであったなら?」という、もう一つのミッションが存在。3人のうち1人はその命題を実証するためのロボットだったのだ。人間と遜色ないその姿に、ロボットと認められない、ロボットであることすら信用できない男たち。ますます膨らむ懐疑心と共に、男たちはどこへ向かうのか…。
(C)CREATIVE OFFICE CUE
(C)CREATIVE OFFICE CUE

★ほか、すべての写真は【こちら】

当記事はSPICEの提供記事です。