美容ドリンクって、ホントにいい? 美容ライターが“ピン”ときた、美肌を目指すドリンク4選

OTONA SALONE



家事に仕事に忙殺されながらきれいなお肌を維持するのって、本当に大変。忙しいからそんなに手間をかけられないけれど、ベースのお肌はヘルシーでいたい…。そんな大人女性の間で何かと話題な、美容ドリンク。「ほんとに飲むだけで美容にいいの?」と思いつつ、規則正しく栄養豊富な食生活が美肌を作るのは常識なのだから、きっと飲みもので美肌づくりもできるはず? そう思って、いろいろと噂になっているビューティ・ドリンクを試してみましたよ。

今回は「これは…結構、いい予感?」と感じた4種類をご紹介!

美容ドリンクの効果って? 飲むタイミングは?


美容ドリンクで期待できる主な効果には、美肌や美白、健康サポート、エイジングケア、ダイエットなどがあります。飲んで数日で効果を実感するという人もいますが、3か月ほど続けることで、効果を実感できることが多いといわれますね。

日々の食事からしっかりとバランスよく栄養を取れるという人は、なかなかいません。働いていればなおさらです! お肌に美容液をつけても、なんだか最近昔ほどお肌が元気にならないかも…なんていう大人こそ、内側から栄養補給できる美容ドリンクを試してみるといいかも?

美容ドリンクは基本的にいつ飲んでも問題ないものが大半。でも、推奨されているタイミングはあるみたい。血糖値上昇をセーブしたり、食べたものの吸収を阻害するようなダイエット目的の美容ドリンクの場合は、空腹時や運動をする前の30分~1時間前に飲むと効果的なことが多いです。

一方、美肌のために飲む美容ドリンクは、ベッドに入る2時間前くらいのタイミングに飲むのがおすすめだとか。夜の10時~2時に成長ホルモンが活発に分泌されるので、この時間に合わせて飲むのがベストです。

ハリ・弾力・トーンアップが期待できる、ゴージャス美容ドリンク


5年もの歳月をかけて開発された「ラメリアプレミアム」は、独自成分のローズマリー発酵エキスとコラーゲンやプラセンタなど、18種類の美容成分が配合された美容ドリンク。



大きな特徴は、肌本来のハリや弾力を内側からつくりだしてくれる線維芽細胞(せんいがさいぼう)にローズマリー発酵エキスがアプローチすることで、年齢とともに失われる肌の元気を取り戻し、シミやシワ、肌の不調にはたらきかけるコンセプト。ローズマリーエキスはむくみ対策でおすすめする美容家さんもいます。

筆者がびっくりしたのが、3日間飲んだら、お肌が2トーンくらい、目に見えて明るくなったこと! あと、目の下のチリメン皺も薄くなりました。ローズマリー発酵エキスは臨床試験でシワの状態、皮膚水分量、シミの面積などの改善がなされる可能性が示唆される結果も出ているらしいので、なるほどそれも起こりえるかな、と。

加えて、以前はお酒を飲んだ翌朝はお肌のカサカサ荒れとむくみが出ていたのに、これを飲んでいる期間中はお酒の翌日も顎がスッキリしている気が。

1本1000円弱と豪華アイテムではありますが、高級美容液バリのメリットがありそうなので、投資価値あり? ほんのり梅風味の上品な美容ドリンク系。

製品名:ラメリアプレミアム(ラメリア・ジャパン)

価格:10,800円(税込) / 50ml×10本(1箱)

果実由来で潤いケア。小腹も満たすThe Collagen ゼリー


資生堂のThe collagenシリーズのゼリーには、ビタミンCが豊富で美白成分の効果も期待できるコケモモと、若返りの果実と呼ばれているアムラ果実が組み合わさった独自の美容成分が配合されています。



そのほかにも、いちごや温州みかんなどのフルーツエキス、コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に嬉しい成分がぎっしり詰まった美容ゼリーです。

特に気になったのが、イチゴ種子由来の特許成分。イチゴ種子には果肉にほとんど含有していない二つのスーパーフラボノイドがあるそう。フラボノイドは抗酸化成分で、お肌の老化は酸化と言われているので、スキンケアにもってこいですね。くすみや乾燥でお疲れ気味な肌に、ハリと潤いをもたらしてくれるそう。

すっきりとした味わいで、飲みごたえもしっかり。冷やして飲むとさらに飲みやすいです。時間がない朝の朝食として飲んだり、栄養の吸収率が高い運動後などに飲むのも効果的だとか。1パック150gで22Kcalと低カロリーなのも嬉しい。

製品名:ザ・コラーゲン <ゼリー>(資生堂)

価格:216円 (税込) / 150g

お肌の乾燥&体脂肪対策が同時にできる美味しいフレーバーコーヒー


「ヘルシアmyリズムAroma Time」は、肌の水分量を高め、さらに体脂肪まで減らしてくれるコーヒー豆由来クロロゲン酸類を配合した、パウダータイプの美容飲料。



クロロゲン酸はポリフェノールの1種で、肥満予防や糖尿病の予防効果も期待できる成分。このクロロゲン酸を豊富に含むコーヒー豆を厳選し、収穫時期や焙煎時間にもこだわってつくられています。

さらにコーヒー豆由来クロロゲン酸類は、肌の角質中の水分量を高める乳酸を増やすはたらきがあるため、肌の乾燥をやわらげてくれるそう。

ローストキャラメルとバニラローズの2種類があり、どちらも甘さは控えめで、香り豊かな味わい。お湯で溶かすとちょっと甘みのあるコーヒー風、豆乳やアーモンドミルクに溶かすとちょっと高級で味わい深い、ほっこりラテな感じに仕上がりおいしいです。ホットでもアイスでも楽しめます。

コーヒーで美肌づくりができるなんて、コーヒーを常用してしまう働き女子には嬉しい限り。1日2本を目安に取り入れるのがおすすめだそう。お肌の乾燥も、在宅ワークでの止まらない体重増も、お仕事中のコーヒーでさりげなく撃退!できるといいですね。

製品名: ヘルシア myリズムAroma Time ローストキャラメル/バニラローズ 6本(花王株式会社)

価格: 861円(税込) / 6本

大好きフルーツ牛乳風味のドリンクで快腸&免疫対策


スーパーフードの石垣島ユーグレナのドリンク、「からだにユーグレナ やさしいフルーツオレパウダー」が、大人女子やママの間でヘルシーなフルーツ牛乳風味ドリンクとしてじわじわ話題です。ただのフルーツ牛乳ではなく、むしろヘルスケア効果に期待して飲みたいドリンクです。



ユーグレナは、藻の1種でビタミン・ミネラルなどなど、59種類もの栄養素が含まれ、偏りがちな食生活に1本投入することで栄養バランスがアップ。さらにパラミロンと呼ばれる独自の食物繊維が含まれ、腸内環境を整えてくれたり、免疫バランスアップ、睡眠の質向上などの効果も期待できるとか。

牛乳、豆乳やアーモンドミルクなどで割って飲むことでタンパク質、ビタミン、カルシウムをよりたっぷり摂れます。

パインアップル・バナナなどをミックスしたリッチでまろやかな味わいは、ミシュラン一つ星フレンチレストラン「sio」の鳥羽周作シェフ監修。スティック1本あたり16Kcalと、ご褒美ドリンクばりの甘さと美味しさなのに低カロリーなのも嬉しいです。

毎日1本飲み続けたら、お通じが規則正しくなった! という声も。腸をキレイにすることで、健やかお肌を目指したいですね!

製品名: からだにユーグレナ やさしいフルーツオレパウダー(30杯分)(株式会社ユーグレナ)

価格: 5,076円(税込) / 135g 30杯分

暑い夏に向けて身体もお肌もお疲れ気味になりそうな予感…

ぜひ、自分に合ったヘルシードリンクを開拓しておいてくださいね!

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。