【欅坂46】”鳥肌”がたつ欅坂46ライブのすごさ

めるも編集部


可憐なアイドルグループの櫻坂46。
以前は欅坂46として活動していたことは知っている方も多いかと思います。
現在の櫻坂46の華やかなライブも魅力的ですが、今回は、欅坂46の“鳥肌級”ライブの魅力を紹介していきます。

圧倒的な世界観

欅坂46のライブは、曲間のBGM、会場演出等、細かい部分にまでこだわった演出が魅力的です。
ファンの間では、ライブ終了後に「あの演出はこういう意味だったのではないか」「次回のツアー会場ではこういう演出になるのではないか」といったことがファンの間で活発に議論されていました。
ライブ毎に深い演出が施されており、その意味をファンに考えさせ、様々な解釈をさせてくれるすごいアーティストでした。

デビュー曲”サイレントマジョリティー”

彼女たちのデビュー曲”サイレントマジョリティー”は、アイドルファン以外にも人気の楽曲で、広く知れ渡っています。
メッセージ性の強い楽曲で、社会情勢を反映させたこの楽曲は、大きな反響を呼びました。

ライブでの披露時は、会場が緑一色に染まり、一体感の生まれる楽曲となっています。

圧倒的迫力”不協和音”

普段のライブでは、披露の機会が少ない楽曲であるため、披露時にはかなりの盛り上がりを魅せます。
東京ドーム公演アンコール一曲目の“不協和音”は伝説となっています。

イントロが流れた瞬間、会場には大歓声が。
会場の盛り上がりは最高潮に達しました。

フェスでも大人気“危なっかしい計画”

”危なっかしい計画”は最も盛り上がりを見せる楽曲の一つです。
サビでタオルを振り回す楽曲は、会場で一体感を生み出します。

また、野外フェスでは、アイドルファン以外の他アーティストファンも巻き込んで盛り上がりをみせ、夏フェスには欠かせない楽曲となっています。
多くの音楽ファンに親しまれている楽曲です。

以上、欅坂46ライブのすごさを紹介させていただきました。
櫻坂46として飛躍を遂げている今だからこそ、欅坂46にも注目してみてはいかがでしょうか?

※個人の見解を含みます。