おしゃれ度&小顔感が即効でUP。大人に似合う【旬顔ショートヘア】の作り方

beauty news tokyo


似合わせやすく、おしゃれ度も小顔感も高まるショートヘアはイメチェンに断然ハマるヘアスタイル。でも「顔や頭が小さくないと似合わない…」と、なかなかイメチェンへの一歩を踏み出せない方は少なくないでしょう。そこで今回は、大人に似合う【旬顔ショートヘア】を作るポイントを紹介します。

引き締め効果を得られるヘアカラーを合わせる


すぐに採り入れられるポイントとして真っ先に注目したいのが“ヘアカラー”です。黒髪や暗髪といった引き締め効果の高いヘアカラーを採用してみてください。



出典:instagram(@hatori0307)

黒髪or暗髪のショートは「少年っぽくなりすぎる?」とイメージしてしまいますが、全体をタイトにまとめたり、長めに前髪を作って流したりなど、柔らかさや目元印象を強調するポイントを作ってオンナらしさをキープするのがポイントです。また、毛先に動きをプラスしたり、パーマをかけたりすることもオンナらしさのキープにつながります。

骨格にマッチしたシルエット作りで“奥行き感”を演出


小顔な雰囲気を醸したいなら、自分の骨格にマッチするように“奥行き感”を醸すシルエット作りがポイントです。



出典:instagram(@hatori0307)

例えば丸顔さんの場合、全体のシルエットがひし形のバランスを崩さないように心がけつつ、サイドの髪を長めにすることでフェイスラインがよりシャープな印象を演出。さり気なく大人感も高まります。一方、面長さんや逆三角顔さんであれば前髪とトップのバランスに注目して、厚めかつ横幅広めの前髪とトップのボリュームを抑えることが似合わせのポイントです。また、骨格がハッキリとしたベース顔さんや四角顔さんは顔周りに毛先の動きを演出してフェイスラインをスッキリ見せるように心がけましょう。

あえて“前髪を作らない”スタイルで大人感UPを


常に前髪を作っているという方は、思い切って“前髪を作らない”という選択肢もあります。例えば、かっちり感のないナチュラル無造作なセンターパートを採用して、新鮮さと小顔感を演出してみてください。



ただし、きちんと感をキープするためには前髪の動きで大人っぽい表情を演出するのが必須。スッキリ感を醸しつつ、オンナらしい柔らかなシルエットに仕上がります。また、透明感のあるヘアカラーを合わせると、こなれ感をグッと高めるのも一手です。

今回紹介した小技を自分に合わせて採り入れながらスタイル作りをすることで、臆することなく旬顔ショートヘアを楽しめるでしょう。ぜひ参考にイメチェンを成功に導いてくださいね。<image出典:出典:instagram(@hatori0307)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。