夢占い|病院の夢の意味は?何か不安を抱えている注意夢のサイン

うらなえる


あなたが見た夢には、どんな意味があるのでしょうか。

夢を分析することで、あなたの不安を取り除き、自分でも気づかない潜在意識を知ることで、進むべき道が見えてくるかもしれません。

今回は、あなたが見た「病院の夢」について、金森藍加先生が解説していきます。

「病院の夢」の意味


病院の夢は、あなたが何か不安を抱えている証拠です。

特に「自分自身のこの部分を直したい!」と心の底で思っている時、見ることが多いでしょう。

人間関係や仕事の問題、または健康に対する不安かもしれません。

あなたが心の中でひそかに抱えている問題を、夢は意識させようとしているのです。

たとえば、ある女性の見た夢で「彼女は病院で、ある病名を告げられました。しかし、彼女はその病名に納得がいかず、病院を去っていきました」というものがあります。

この場合、彼女は心の奥にある不安に気がついてはいるものの、そのことに対して見て見ぬフリをし、拒否し続けている…ということを表しています。

そして、夢の中で告げられた病名はあなたへのメッセージとなります。

ただ、その部分が悪いということよりも、何かの象徴として現れてくることが多いでしょう。

たとえば「足が悪い」と言われた時、実際に足をケガしているケースもありますが、足は基盤や行動力などの象徴でもあるので「行動力が足りない」という意味に解釈できるのです。

当記事はうらなえるの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ