隠された真実…ドラマ『元彼の遺言状』第6話のあらすじ&見どころ

Oh!My!ドラマ

綾瀬はるか主演ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系列)の第6話が5月16日に放送された。

元彼・栄治(生田斗真)の遺産として引き継いだ「暮らしの法律事務所」に篠田(大泉洋)を雑用係として住まわせることにした麗子(綾瀬はるか)。「お金にならない仕事はしない主義」の精神で、大企業との顧問弁護士契約を結ぼうと奮闘するも、大口案件を獲得できずにいた…

第6話のあらすじ&見どころをご紹介!

第6話のあらすじ

とある教会の仮眠室でホストクラブ『戦国』のナンバー1ホスト・織田信長(土井一海)が被害に遭う密室殺人事件が起きる。以前、麗子に助けてもらった黒丑(望月歩)の話を聞いていたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)は、麗子に助けを求める。

麗子と篠田が現場へ駆けつけると、そこにはある違和感が。蘭丸は警察から疑われるが犯行を否認し「助けてほしい」と麗子に懇願。すると…お金にならない仕事は受けないはずの麗子が、なせか蘭丸の弁護を引き受けるのだった。

見どころ

事件の奥に隠された真実

今回視聴者は冒頭から犯人が分かっているストーリー展開。麗子も殺害現場を見て犯人に気がついているはず…それでもなぜ弁護を引き受けたのか?あっさりと解決したかと思いきや、今回の事件には続きが。麗子&篠田のバディが1つの殺人事件の奥に隠された真実に迫っていく…!この事件は果たして「お金」になるのだろうか?こちらの真相にも注目!

役柄のギャップに注目!

第6話でホストの蘭丸を演じた味方良介は、実は『恋なんて、本気でやってどうするの?』にも西野七瀬演じる響子のクセ強夫役で出演中!「別人で分からなかった」「同じ人だとは思わなかった」「同じ人だと知った衝撃たるや…」と、驚く視聴者が続出!その役柄とのギャップも楽しんでほしい。

篠田の異変に麗子が…?

ここまでの篠田の不審点は、大学には進学していないこと、なぜか警察を避けること。実は麗子も篠田に疑惑を抱いており、ついに篠田に迫っていく!

篠田は一体何者なのか?次週、第7話の放送も待ちきれない!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ